COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

2017/8/14(3) 今夜もビール!

続いて向かった市民会館は
最終のガイドツアーが満員だったので、
翌朝のツアーを予約していったんホテルに戻る。
e0047488_07130338.jpg
休憩後はモルダウ川沿いを散歩。
今日も川遊びのボートがたくさん出てる。
e0047488_08322354.jpg
ドイツ語支配の時代に、
チェコ語の舞台を上演するためにつくられた「国民劇場」。
残念ながらオフシーズンでクローズ中。
e0047488_08324556.jpg
2日目までは涼しかったプラハだけど、
その後、一転して夏モードに。
それでもせいぜい27、8℃なので、
日本の暑さの比ではないが。
e0047488_08330036.jpg
新市街にはこんな現代建築も。
e0047488_08331216.jpg
夕飯は1499年創業の U Fleků で。
修道院時代からの自家製黒ビールが人気のお店だ。
e0047488_09530951.jpg
エントランスを抜けると、雰囲気のいい中庭が広がる。
長机に相席するカジュアルなスタイルだ。
e0047488_10094972.jpg
いちいち注文しなくても、
ビールを山のように持ったウェイターが
何人も巡回して、おかわりを勧めてくる。
e0047488_06170659.jpg
今夜のセレクトはローストポーク。
付け合わせのダンプリング(ジャガイモと小麦粉の練り団子)が
モチモチしすぎて飲み込みにくいので、
さらにビールがすすむ。
e0047488_07125685.jpg
ビールをおかわりすると、
ウェイターが伝票に縦線を入れる。
お肉とジョッキ2杯で1700円ほど。
はい、今日も満足しました。
e0047488_06355093.jpg


[PR]
# by reliez | 2017-08-14 15:05 | チェコ・ハンガリー

2017/8/14(2) 怒涛のハシゴ博物館

休む間もなく、もう一度橋を渡ってスメタナ博物館へ。
ワンフロアのこじんまりした博物館だ。
e0047488_06351799.jpg
チェコ音楽博物館もスメタナ博物館も、
なぜか職員は かなり年配のご婦人ばかり。

みなさん共産圏時代が長かったせいか、
よく言えばたくましく、悪く言えば客商売の感覚はゼロ。

ドイツから来た青年2人が、受付で借りたドイツ語の説明を
立ったまま読んでたら
「Sit down!」と怒られて(?)いた。

「座って読みなさい」と親切心で言ったのだろうが、
「Have a seat」なんて英語は持ち合わせてないらしい。

ここのメインアトラクションは、
スメタナの譜面が乗った譜面台。
指揮棒で譜面台を遠隔操作すると、その曲が大音量で流れ出す。
e0047488_06062011.jpg
ドイツ人の青年に使い方を教える職員のオバサマ。
そして曲が流れると、曲に合わせて大声で歌いだす。
チェコのおばちゃん面白すぎ。
e0047488_06102933.jpg
モルダウ川を見ながら聴くモルダウもオツである。
スメタナも6年間ここに住んでたんだって。
e0047488_06182251.jpg
スメタナの子孫が繁栄してるの図。
e0047488_06212803.jpg
間髪入れず旧市街広場に戻り、旧市庁舎で
2時からのガイドツアーを申し込む。
スタート地点の部屋から見えるあれは・・・
e0047488_06371532.jpg
天文時計の人形を内側から見れるのだ。
ちょうど2時なので、小窓が開いて人形が回っている。
今ごろ外は大歓声だろう。
e0047488_06373405.jpg
豪華な旧市議会議員ホール。
天井からぶら下がる鎖は、17世紀
夜間に通りを閉鎖していたもの。
e0047488_08154848.jpg
天井にはめ込まれてるパネルは
16世紀のルネサンス絵画。
e0047488_08160868.jpg
時代によって変わるプラハの紋章。
e0047488_08163071.jpg
壁に15世紀のフレスコ画が残る部屋もあるが、
画力は微妙。
e0047488_10184848.jpg
窓から隣の「1分の家」が見える。
黒い漆喰に白い漆喰を重ね塗りして、
白を削り取っていくだまし絵の技法だ。
e0047488_10205041.jpg
ツアーの後半は、ほぼ地下探検。
昔はここが地上だったそうで、
昔の路地や家の玄関がある。
e0047488_10392237.jpg
外に出るとちょうど3時で、
天文時計を見る人が殺到していた。
この異様な人混みのほうが、見ごたえあるわ・・・。
e0047488_10394097.jpg



[PR]
# by reliez | 2017-08-14 12:51 | チェコ・ハンガリー

2017/8/14(1) お勧め、チェコ音楽博物館

3日目のプラハは、今日もいいお天気。
再びカレル橋を渡って川の向こうへ。
e0047488_05475537.jpg
本日の1件目はチェコ音楽博物館
荷物は持ち込み禁止で、クロークに預ける。

ホテルにセーフティーボックスがなくて、
すべての貴重品を持ち歩いていたので、
ポケットを貴重品でぱんぱんにして回るハメに。
e0047488_05494862.jpg
アロイス・ハーバというチェコの作曲家のために
作られた特殊な音階のピアノ。
黒鍵と白鍵の並びがふつうと違う。

quarter-tone pianoでググると、このピアノを使った演奏が、
けっこうYouTubeにアップされている。
e0047488_05504935.jpg
1787年にモーツァルトがプラハで弾いたピアノ。
e0047488_06145360.jpg
ほかにもユニークなピアノがいっぱい。
e0047488_06200066.jpg
ストラディバリの師匠、ニコロ・アマティのバイオリン。
イタリアのバイオリン製作史上、超重要な人らしい。
e0047488_06212890.jpg
昔の人はなぜか弦をいっぱい張りたがる。
e0047488_10421414.jpg
リュートのヘッドにはもれなく変なおじさんが。
e0047488_10431660.jpg
表裏両面がバイオリン(鏡ではない)。
謎すぎる。
e0047488_10472545.jpg
金管楽器コレクション。
左右2つのベルを持つラッパは、
20世紀初頭のロシア軍でメジャーだったもの。
e0047488_10520252.jpg
ほかにも見たことない古楽器がいっぱい。
各部屋にヘッドホンがあって、
展示している貴重な楽器の音色が聴ける。
この博物館、オススメです。
e0047488_11083416.jpg
余談だが、楽器のことを調べてて行きついた
YAMAHAの「楽器解体全書」というサイトが
楽器の歴史から作り方まで載ってて面白かった。


[PR]
# by reliez | 2017-08-14 10:04 | チェコ・ハンガリー

2017/8/13(5) セコム入ってますか? 

2階はお宝の展示コーナーになっている。
聖ヴィート大聖堂と同様、
これでもかと言うくらい銀が使われている。
e0047488_06512798.jpg
宝石がついた宝冠もいっぱい。
これじゃ、セコムにいくつ入っても足りないぞ。
e0047488_07080332.jpg
いちばんのお宝はダイヤが6222個ついた聖体顕示台。
e0047488_07220766.jpg
台座や後光(?)の一本一本にも
びっしりダイヤが埋め込まれている。
e0047488_07231331.jpg
ほかにも真珠やアメジストバージョンなど多数。
当時のプラハに、とてつもない富が集まっていたことを実感。
e0047488_07000617.jpg
ロレッタ教会を出て、15分ほど離れたストラホフ修道院へ。
ここはバロック様式の図書室が有名なのだが、
閉館時間が近かったのでパス。
じゃあ、なんでここまで来たかというと・・
e0047488_09080682.jpg
お目当ては敷地内の醸造レストラン Klášterní pivovar
激混みだったので、愛知から来た日本人女性2人と相席。

頼んだのは、牛肉ゴロゴロのグラーシュ。
自家製ビールはさすがの美味しさ。
これで全部で1200円しないなんて、チェコはやっぱりいい国だ。
e0047488_09082029.jpg
食後は、相席したお二人とお土産屋を物色。
必ずその土地のスノードームを買うことにしているそうで、
たしかに並べてるだけで、自分の旅の履歴が見れて楽しいかも。

トラムで帰るお二人と別れて、
帰りは旧市街まで一気に坂をかけ下りる。
e0047488_06233845.jpg
15分ほどでカレル橋の手前まで到達。
宙に浮くマジックを披露する二人組がいたが、
人混みが切れないこの場所で、
タネを明かさず撤収するタイミングがあるのだろうか。
e0047488_06252103.jpg
夕暮れのヴルタヴァ川は、遊覧船や
川遊びのボートでいっぱい。
e0047488_06323059.jpg
ディーン教会は西日を受けて、朝よりもきれいだった。
今日はいろいろ満喫して疲れたよ。
おやすみなさい~。
e0047488_06362549.jpg


[PR]
# by reliez | 2017-08-13 15:05 | チェコ・ハンガリー

2017/8/13(4) すごいぞ、ロレッタ教会

プラハ城前の広場では、大勢の人が景色を楽しんでいた。
せっかくなので、この近辺でもう1か所まわってみる。
e0047488_06274434.jpg
途中にあったシュヴァルツェンベルク宮殿の
壁の凹凸は、全部ルネッサンス様式のだまし絵。
建築好きにはプラハはたまらないだろうなぁ。
e0047488_06251924.jpg
15分ほどで1626年創建のロレッタ教会に到着。
カメラチケットが100コルナと高めだが、
その価値はある場所だ。
e0047488_07311288.jpg
中庭に箱のような建物がある。
e0047488_07384295.jpg
壁の彫刻がすごい。
e0047488_07394520.jpg
内部には銀の祭壇。
e0047488_07420042.jpg
ところどころにフレスコ画が残っている。
昔は壁一面に描かれていたのだろうか。
e0047488_07452006.jpg
こちらは母屋の礼拝堂。
これぞバロックという感じ。
e0047488_07534511.jpg
祭壇も華やか。
e0047488_07545662.jpg
しかし、ロレッタ教会のすごさは
これでは終わらないのだった。



[PR]
# by reliez | 2017-08-13 14:29 | チェコ・ハンガリー