COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

1/9[2] ティワナク遺跡とラパス郊外

ラパスの空港でチヒロさんと再会したが、
チヒロさんはK班の担当にスライドし、
S班は引き続きマリさんにガイドしてもらう。

ホテルに戻る前に、ティティカカ湖に近い
ティワナク遺跡にバスで向かう。
e0047488_11255020.jpg

いろんな意味で「何でも売ってる」ラパスの市場。
ガイドのマリさんは、盗まれた車のタイヤを市場で見つけて、
交渉して半値で買い戻したそうだ。
e0047488_1125329.jpg

市街地を抜けると草原が広がる。
ずっとウユニの不毛な景色を見てたので、
緑を見るとホッとする。
e0047488_11322878.jpg

紀元前にティティカカ湖周辺で発生したティワナク文化。
ピークは600年~1000年頃とインカより古い。
e0047488_1136192.jpg

残念ながら資金不足で発掘は道半ば。
ウユニで稼いだ外貨で、頑張れボリビア。
e0047488_6185634.jpg

よく見ると、呪術チックな模様やレリーフが満載。
撮影禁止だったけど、インドアの展示もおもしろかった。
さりげに標高3900メートルだけど、
慣れたのか息切れはしなかった。
e0047488_633172.jpg

帰り道で見かけた現地の女性。
山高帽とふくらんだスカートに身をつつみ、
カラフルなストライプの風呂敷を持っている。
e0047488_8334286.jpg

市内を無数に走っているミニバス。
10人乗りくらいのワンボックスカーで、
中はこんなになってるらしい。
e0047488_8404373.jpg

でたっ、スクラップでできたチェ・ゲバラ。
足元に米国の象徴、ワシを踏みつけてるが、
さらにその足元では、カップルがいちゃいちゃしていた。
e0047488_859415.jpg

[PR]
by reliez | 2016-01-09 09:19 | 南米チャレ休への道(2016)