COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

1/9[3] ラパス最後の夜

市内に戻り、3日前と同じホテルの
別の部屋に再チェックイン。
日本でもこれくらい広い部屋に住みたいなぁ・・・
e0047488_1041183.jpg

希望者はマリさんが別料金で手配した車で
ショッピングに出かけたけど、COSIはパスして休憩。
運転手がマリさんのダンナだったそうで、
それは見てみたかったなぁ。

夕食は近所の日本食レストランサチコヨシコで、
カツカレーをセレクト。
お米とカレールーはたしかに日本の味だけど、
カツが2枚入ってて、ボリュームは南米仕様。

高地に順応したS班メンバーは、ここでも続々とビールを注文。
ホントみんな最後まで元気でよかった。
e0047488_1183922.jpg

旅の締めくくりは、オレンジとブルーの夜景観賞。
こういう場所に来れるのもツアーならでは。
個人では治安の面で難しいだろう。
e0047488_118482.jpg

いよいよ帰国の朝、ゆっくり仕度をして、
10時半にチェックアウト。
今から3日がかりで日本へ帰る。
添乗員Sさんの久々のスーツ姿を見て
あ~本当に帰るんだなぁと実感。

バスから見かけた女性は、やはりこのファッション。
みんな同じような風呂敷で、荷物を間違えないのだろうか。
e0047488_14571556.jpg

空港近くで大きな市場がたっていた。
道路はミニバスだらけで、
市民のメインの移動手段なのがよく分かる。
e0047488_1839990.jpg

遊園地を発見。
標高4000メートルでジェットコースターに乗ったら
どうなるのかなぁ
(ちなみに富士急ハイランドの標高は829m)。
e0047488_18511911.jpg

空港で4日間お世話になったマリさん、チヒロさんとお別れ。
年配者が多いK班では「日本人のガイドさんのほうが・・・」
という人もいたみたいで、
想定外の現地ガイドシャッフルも、結果的には吉とでた。
e0047488_661151.jpg

ところで、チヒロさんがボリビアに住んでる経緯も
気になるところだが、そこは一部のメンバーがリサーチ済み。

8年ほど前、南米を旅行中に動乱が発生して(おいおい)、
足止めをくってるときに今のご主人と知り合い、
一旦日本へ帰国したあと、戻ってきて結婚されたそうだ。

そのうち、海外の日本人に会いにいく
その手のテレビ番組にオファーされるかもね。



[PR]
by reliez | 2016-01-09 16:48 | 南米チャレ休への道(2016)