COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

2017/8/11(3) 恒例のソウル乗継

飛行機を降りたら、
入国審査の大行列を横目に、国際線乗継へダッシュ。

ここでもう一度手荷物検査を受けて、
ようやく免税店が並ぶ出国エリアへ。
e0047488_08064401.jpg
トランスファーデスクを見つけて、
チェックインで言われたことを伝えると、
デスクのお姉さん、COSIのクレームタグを見て
「ああ、これなら大丈夫、大丈夫」

いや、必ず確認しろと言われたんですけど、と言っても
「大丈夫」の一点張り。

わかった、今回はその言葉を信じよう。
しかし、日本であれだけ念押しされたのに、温度差があるなぁ。

ソウルからプラハまでは人生初のチェコ航空。
外壁に汚れが目立ち、ちょっとくたびれた印象。
e0047488_08073135.jpg
機内も若干年季が入ってる。
乗客はほとんど韓国人で、ハングルが飛びかってる。
e0047488_08080725.jpg
機内誌も全然読めん。
でもよく見たらチェコ語じゃなくてロシア語っぽい。なんで?
e0047488_14565439.jpg
ユニークな画風の安全ビデオにもロシア語の字幕が。
いまだに何かロシアに義理立てがあるのだろうか。
e0047488_14583285.jpg
 ↑↑↑ 頭が薄いのに、胸毛と腕毛が濃いおじさんがリアル

全員搭乗しドアロックして、安全ビデオも観て準備完了。
しかし、一向に動く気配がない。

あまり気にせず待っていたら、
コックピットの機長が聞き取りにくい声で
何かボソボソとアナウンス。
周りの韓国人も理解できなかったようで、「???」な反応。

さらにしばらくして、韓国人CAさんから
ハングルではっきりしたアナウンスがあると、
機内中から「おおおお~!?」と悲痛なドヨメキが。

なになになになになに!?????


[PR]
by reliez | 2017-08-11 11:50 | チェコ・ハンガリー