COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

怒涛のワイン探し(3)

紹介された今日の宿、Hotel du Palais Cardinalへチェックイン。
このホテル、村のいちばん北の端にあるけれど、
村自体が小さいので、昨日のホテルからも徒歩5分くらいである。
e0047488_038578.jpg

感じのいい部屋だが、落ち着く間もなく
村外れの「メゾン・ドュ・ヴァン(ワインの家)」に向かう。
そう、駅から送ってもらったお礼に
「シャトークロフルテ」のワインを買わなければ。

メゾン・ドュ・ヴァンは、ワイン情報センターのような場所だが、
ワインもたくさん売っている。
e0047488_0492359.jpg

おおっ、これだけあればクロフルテもありそうだ。

クロフルテ、クロフルテ・・・あった!

ん?2000年ものが70ユーロで、2002年が45ユーロ?
なんなの?この激しい差は。


店の人を呼び止めたはいいが、この微妙な疑問のニュアンスを
どう英語で言ったものか、えーっとえーっと・・・
悩んだ挙句に出てきた言葉が 「2002 is not expensive」
中1英語か!? とほほ・・・

しかし、店員さんにCOSIの意図は通じたらしく
「2002年は今飲むのにいい。2000年はkeepに適してる」
おおお、さすがプロ。不作の年を、そう表現するか。

「2000年は何年くらいkeepできます?」と聞くと
「うーん、10年か、それ以上でも」
マジすか?そんな当たり年だったんですか?2000年。

どっちにするか迷ったが、10年後にこの旅を思い出しながら
栓を開けるのもいいなと、2000年をお買い上げ~
e0047488_055512.jpg

日本に持ち帰るため、プチプチでミイラのように
グルグル巻きにされたシャトー・クロフルテ。
巻く前に写真撮ればよかった・・・
[PR]
by reliez | 2008-08-28 00:34 | フランス波乱万丈旅(2007)