COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

エピローグ

1月13日、時差ボケで寝坊することなく、無事出社。

たまった仕事をやっつけようとパソコンを立ち上げたら、
壁紙にウユニの水鏡が表示され、
号泣しながらソッコーで壁紙を変更した。
----------------------------------------------

水木金となんとか仕事をこなし、最初の週末。
再びスマホがみーみー鳴りだし、
ライングループにメッセージが届いた。

COSIたちが帰国後、ウユニに雨が降って
水鏡が出現したというツイートを見つけたメンバーが
転送してきたのだ。

記事を見たほかのメンバーからも
「くやし~」
「絶対リベンジする!!」
と投稿が続々。

しかしリベンジには
時間・お金・体力・時(雨?)の運
アメリカ横断ウルトラクイズ(古っ)並みのリソースが必要。

とりあえず次のチャレンジ休暇に向けて、貯金に励もう。
でも、イグアスの滝とパタゴニアも行きたいんだよね~
困ったものだ。
----------------------------------------------

最後に恒例の旅行費用公開(今回はツアー料金)。

基本旅費/大人    719,800円
国内空港施設使用料  2,090円
旅客保安サービス料    520円
一人部屋追加料金   75,000円
海外空港諸税     17,670円
国内空港施設使用料   820円

合計 815,900円

清水の舞台から飛び降りて、全治ウンか月の大怪我です。
まだお財布は松葉杖ついています。

南米旅行を考えている人の参考になれば幸いです。

==========完==========emoticon-0139-bow.gif
[PR]
# by reliez | 2016-01-11 12:00 | 南米チャレ休への道(2016)

1/12[1] 帰国!

午前11時30分、アメリカン航空で帰国の途へ。
今度は目の前の液晶もばっちりで、映画三昧。
「マイインターン」と「進撃の巨人」を観て、
「オデッセイ」の途中で時間切れ(結末はだいたい予想がつくが)。
e0047488_18495752.jpg

離陸2時間後と10時間半後に食事。
アメリカ発でも、お味はそんなに悪くない
(COSIの舌が庶民的なだけか?)。
e0047488_18501177.jpg

12時間のフライトを経て、16時半に成田に到着。
ラパスを発ってから実に37時間半、日付は12日になっている。

成田のトイレで今度はウォシュレットに遭遇し、
感動を通り越してクラクラする。
アメリカのトイレがホモ・サピエンスなら、
日本のトイレは既にミュータントだ。
---------------------------------------------------------
無事日本に入国したところで、ツアーは解散。

ほとんどの人はこのまま首都圏に帰宅だが、
四国参加のご夫妻は帰る手段がなく、東京に後泊。
富山から参加のメンバーは、今日中に(!)新幹線で帰れるそうだ
(恐るべし北陸新幹線)。

10日間お世話になったSさんとメンバーに別れを告げて、
ひとけのない国内線でほけーっと乗継を待っていると、
突然スマホがみ~み~鳴りだした。

見ると、数時間前に分かれたメンバーたちから
続々とLINEグループでお礼のメッセージが投稿されている。
やめてくれよ~、泣いちまうじゃないかemoticon-0106-crying.gif

午後7時、成田発福岡行きのJALに搭乗。
大阪の夜景がきれいだ・・・
e0047488_8125997.jpg

午後9時すぎ福岡空港に到着し、10時ごろ帰宅。
しかし、旅の感傷にひたってるヒマはない。
明日は朝9時から仕事である。
           ・・・エピローグに続く
[PR]
# by reliez | 2016-01-11 11:00 | 南米チャレ休への道(2016)

1/11[1] リマからロスへ

真夜中に出国審査を通って、免税エリアに移動。

みんなから「Sさん、水色を着なきゃ」と
進言された添乗員Sさんは、
Peruのロゴが入ったドラエモンブルーのトレーナーを購入。
とうとう本人認定キャラになったようだ。

COSIも結局、免税エリアでKunaトラップに引っ掛かり、
ベビーアルパカ100%のマフラーをお買い上げ。
e0047488_620959.jpg

午前2時、行きと同じラン航空のボーイング787で
ロスへ向けて出発。

日本語字幕の映画がないので、セリフの比重が少ない
「マッドマックス 怒りのデスロード」を観賞。
十分楽しめたが、結局なんで逃げてるのか
最後まで分からなかった(-。-;)
e0047488_6404863.jpg

出発2時間後に軽食が出て、5時間後に朝ご飯。
乗った時間帯が悪かったのか、メニューが似ちゃったなぁ。
e0047488_642091.jpg

9時間のフライトの末、ロスに到着。
時刻は3時間戻って朝の8時。
目まぐるしく変わる時差で、時計はぐちゃぐちゃ。

ロスの空港で、トイレに紙が流せて超感動する
(ペルー、ボリビアでは一切流せなかった)。
世界の国を先進国とか色分けするのは好きではないが、
インフラの差はたしかに存在する。
e0047488_8172676.jpg

行きと同じバゲージクレームで、一旦荷物をピックアップ。
Kunaで大物を買ったメンバーが、紙袋をスーツケースに
入れようとしたら、女性係員が鬼のような形相で怒りにきた。
やっぱり開けてはいけないらしい。
e0047488_8173462.jpg

[PR]
# by reliez | 2016-01-11 02:00 | 南米チャレ休への道(2016)

1/10[1] ラパスからリマへ

14時5分、サンタクルス経由の便でリマへ出発。
高山病のK班の女の子も退院して、
車いすで一緒に帰国。
低地に移動しないで、まだラパスにいたんだ。

ペルー行きの機内で久々にインカコーラと再会。
いかん、さりげに中毒になってるかも。
e0047488_5584265.jpg

席が並びになったK班の70代ご夫婦と話してたら、
突然お母さんのほうが
「実はね、ここだけの話なんだけど、
 私、あなたたちの写真に飛び入り参加しちゃったの。
 とっても楽しそうだったから・・・」

そういえば、夕陽をバックに三代目のランニングマンを
やっていたとき、見覚えのない顔があったような・・・

デジカメを取り出して「もしかして、これですか?」
e0047488_6302298.jpg

お母さん、踊れてません。

午後6時過ぎ、リマに到着。
6日ぶりの平地だー、空気が濃いぞーemoticon-0169-dance.gif
e0047488_6245564.jpg

乗継まで8時間あったので、時間を潰すために
ダメもとでイミグレで入国申請したら、
あっさりOK。

でも審査官、あなたの判断は正しかったです。
S班一同このあとペルー国内で
めっちゃお金を落とします。

国内エリアにあるフードコートで腹ごしらえ。
国際空港だけど、ピザ屋のバイトの若者は
やっぱりスペイン語オンリーだった。
e0047488_6171418.jpg

食後は交代で荷物番をしながら、ショッピング。
中でも女性陣に人気だったのが、アルパカ専門店
クーナ(KUNA)のリバーシブルのダッフルコート。

リバーシブルだけど、アルパカなので薄くて軽く、
色遣いも日本人の肌にぴったり。
何人かがコートやジャケットの大物を買って
最後の最後にペルー経済に貢献。

少々値は張るが品質は折り紙付きらしいので、
ペルーに行ったら要チェックだ。
[PR]
# by reliez | 2016-01-10 17:16 | 南米チャレ休への道(2016)

1/9[3] ラパス最後の夜

市内に戻り、3日前と同じホテルの
別の部屋に再チェックイン。
日本でもこれくらい広い部屋に住みたいなぁ・・・
e0047488_1041183.jpg

希望者はマリさんが別料金で手配した車で
ショッピングに出かけたけど、COSIはパスして休憩。
運転手がマリさんのダンナだったそうで、
それは見てみたかったなぁ。

夕食は近所の日本食レストランサチコヨシコで、
カツカレーをセレクト。
お米とカレールーはたしかに日本の味だけど、
カツが2枚入ってて、ボリュームは南米仕様。

高地に順応したS班メンバーは、ここでも続々とビールを注文。
ホントみんな最後まで元気でよかった。
e0047488_1183922.jpg

旅の締めくくりは、オレンジとブルーの夜景観賞。
こういう場所に来れるのもツアーならでは。
個人では治安の面で難しいだろう。
e0047488_118482.jpg

いよいよ帰国の朝、ゆっくり仕度をして、
10時半にチェックアウト。
今から3日がかりで日本へ帰る。
添乗員Sさんの久々のスーツ姿を見て
あ~本当に帰るんだなぁと実感。

バスから見かけた女性は、やはりこのファッション。
みんな同じような風呂敷で、荷物を間違えないのだろうか。
e0047488_14571556.jpg

空港近くで大きな市場がたっていた。
道路はミニバスだらけで、
市民のメインの移動手段なのがよく分かる。
e0047488_1839990.jpg

遊園地を発見。
標高4000メートルでジェットコースターに乗ったら
どうなるのかなぁ
(ちなみに富士急ハイランドの標高は829m)。
e0047488_18511911.jpg

空港で4日間お世話になったマリさん、チヒロさんとお別れ。
年配者が多いK班では「日本人のガイドさんのほうが・・・」
という人もいたみたいで、
想定外の現地ガイドシャッフルも、結果的には吉とでた。
e0047488_661151.jpg

ところで、チヒロさんがボリビアに住んでる経緯も
気になるところだが、そこは一部のメンバーがリサーチ済み。

8年ほど前、南米を旅行中に動乱が発生して(おいおい)、
足止めをくってるときに今のご主人と知り合い、
一旦日本へ帰国したあと、戻ってきて結婚されたそうだ。

そのうち、海外の日本人に会いにいく
その手のテレビ番組にオファーされるかもね。



[PR]
# by reliez | 2016-01-09 16:48 | 南米チャレ休への道(2016)