COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

カテゴリ:熊本( 3 )

三名城へGO!(3)

山脈のように連なる石垣。
ひとつひとつが、とにかく デカい
e0047488_2318615.jpg

本邦初公開(ウソ)、石垣の内部。
けっこうラフです。
e0047488_2324339.jpg

石垣萌えスポット 『二様(によう)の石垣』
時代と工法が異なる石垣を、同時に見ることができます。
e0047488_2323502.jpg

熊本城には、”分かる人には一目で分かる” 素晴らしい石垣が、てんこもり(らしい)。
好きな人は、石垣を見るだけで一日かかるそうだ。

まさに石垣の要塞に守られた天守閣。
e0047488_23392184.jpg

入園料500円ぽっきりで、城内ほとんどの建物が見れて、
熊本城、コストパフォーマンス高し!

もしこれから訪れる人がいたら、30分の無料ガイドツアー
「くまもとお城ガイド」にぜひ参加してみてください。
お勧めです。

桜の満開まで5日早かった・・・。
ちょっぴり後ろ髪を引かれながら、帰路につく。
e0047488_23432411.jpg

しかし、このあと熊本駅でサプライズが。

なんと、GWから熊本-人吉間を走る 「SL人吉号」の試運転に遭遇。
e0047488_23513825.jpg

門司駅での「寝台特急富士」との遭遇といい、最近 鉄子運 が急上昇のCOSI。
しかし、 恋愛運でも金運でもなく 何故そこの運があがる!?

一抹の疑問を残しつつ、熊本 1 day trip は終わったのでした。
[PR]
by reliez | 2009-03-28 23:18 | 熊本

三名城へGO!(2)

ところで、日本三名城(名古屋城、大阪城、熊本城)って
姫路城が入っていないけど、
これは昔の名城の基準が、「美しいか」ではなく
「敵に攻められても陥ちない」だからだそうです。

残念ながら、現在の熊本城は1960年の復元。
(明治10年の西南戦争でほぼ全焼)
しかし、無料ガイドツアーのお姉さんは
自信を持って言い切りました。
芸術は爆発だ・・・いや、 『熊本城は石垣だ』
e0047488_15531319.jpg

↑↑ どんな猛者も登ることができなかった『武者返しの石垣』
左下の立て札と比べると、大きさが分かるでしょう。
e0047488_1605966.jpg

だから、登れないってば。

天守閣に隣接する本丸御殿が去年再建されました。
これはその地下通路。
e0047488_16101757.jpg

本当は ここに玄関があったのだが、緊急時に
消防車や救急車が通れなくなるため、あえなく断念。
熊本城の再建は建築基準法との闘いらしい。

中は新築なので金ピカ。
「あと400年待っていただければ、二条城みたいに
いい感じになると思います。」(ガイドさん談)
e0047488_1618875.jpg

こういった再建は、国内の木材や特殊な資格を持った大工さんを使うので、
ひじょーにお金がかかるそうだ。

400年先を見据えて再建に取り組む熊本に
とりあえず脱帽。
                          もうちょっと続く
[PR]
by reliez | 2009-03-28 00:07 | 熊本

三名城へGO!(1)

日本の三名城「熊本城」に行ってきました。

熊本へはJR九州の「2枚きっぷ」
特急自由席往復が、6880円 → 4600円。
一人で往復してもいいし、カップルで片道もOK。
JR西日本は、JR九州の爪のアカでも煎じて飲むように。

城の前に、まずは熊本ラーメンで腹ごしらえ。
e0047488_21153520.jpg

スープを一口すすって、おおっ!?
こ、これは、にんにく風味のトンコツスープではなく
トンコツ風味の完全にんにくスープです。
にんにく苦手な人は気をつけるべし(COSIは大好きだけど)。

加藤清正の像がお出迎え。
e0047488_21262819.jpg

COSIの前を歩いていたおじさんたちが、写真の城を指して
「おーっ、あれが熊本城ですよ」

しかし、だんだん近づいてみると、あれっ?
おじさん「・・・・・すみません、小さかったです。」
そう、熊本城には、このような櫓(やぐら)がたくさんあるのです。
e0047488_21354787.jpg

じゃーん。こちらが本物。
e0047488_21395095.jpg

手前の桜、満開だったら、めちゃいい絵になるのに、
この日(3/20) はまだ3分咲きで残念。

                                     まだまだ続く。
[PR]
by reliez | 2009-03-27 21:09 | 熊本