COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

<   2006年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

メイド喫茶から女性店員を誘拐

メイド喫茶から女性店員を誘拐の男を逮捕

というニュースが、
日経新聞のなぜか「ITカテゴリ」欄に登場。

メイド喫茶ってITニュースなんですか?
ていうか、メイドって27才でもOKなんすか?

COSIもメイド頭(がしら)の役でバイトしちゃうよ。
[PR]
by reliez | 2006-01-29 21:52 | 日記

アルミはアルミ

e0047488_21433138.jpg親切なのか、バカにされてんのか・・

アルミ包装は「アルミ」です。
[PR]
by reliez | 2006-01-29 21:44 | 日記

G30!

近所のスーパーで買い物をしてたら、
突然「G30!G30!」の掛け声をバックに

「(横浜)市長の中田です!
みなさん、買い物袋を持参しましょう!
いらないレジ袋は断りましょう!」

とテープの音声が流れて、びっくりした。

COSIは買い物バッグを持参しているが、
毎週ビール6缶セットが入らないため、
結局レジ袋をもらうのであった。

※G30:ゴミを30%減らそうという横浜市の政策
  中田市長:史上最年少で政令指定都市の市長になって
         話題となった、やたら元気のいい市長
[PR]
by reliez | 2006-01-29 21:32 | 日記

潤落Ⅱ

先日のブログで紹介した
お嬢ファッションからイケイケに方向転換した
洋服屋の前を、久々に通ったら
閉店セールをしていた。

COSIはもう涙を禁じえない。
[PR]
by reliez | 2006-01-29 15:06 | 日記

りぼんデータベース

昨日の新谷かおる&佐伯かよの夫妻ネタで
漂流していたところ、
雑誌「りぼん」出身の漫画家データベースという
懐かしいサイトに行き着きました。

(COSIは子供の頃、「りぼん」の「太刀掛秀子」という
漫画家さんの大ファンでした。)

このデータベースにある「水野節子」という名前が
なんとなく引っかかっていたのですが、
今日仕事中、突如大昔の記憶が蘇りました。

============================

昔、友人に誘われて参加した
教会主催の英語キャンプで出会った
お姉さんがなんと

「私、太刀掛秀子のアシスタントをしてるの」
COSI「えええぇぇ!?私大ファンなんです!!!」

(周囲の参加者たち(当然クリスチャン)には
「これは神のお引き合わせです」と言われた)

で、このお姉さんが太刀掛先生に頼んでくれて、
後日、先生の直筆イラストとサインが入った
単行本をいただきました。
今でも宝物です。

このときのお姉さんの名前が
たしか「水野節子」さんでした。

その後デビューされてたんですね。

COSIはその頃、純情な「りぼん」は卒業して、
学校で「風と樹の詩」を回し読みするような
不良女子学生になっていたので、
気がつきませんでした。

あのときは、本当にありがとうございました。
[PR]
by reliez | 2006-01-27 02:09 | 日記

エリア88

無料パソコンテレビGyaOで視聴できるアニメ
「エリア88」にしばしハマってました。

最終回は、ちょっとウルウルしちまいました。

コミックでは、神崎の愛人の金髪女は
奥さんの佐伯かよのが描いてるなんてコアな事実を
知っている人は少ないだろうな・・

と言うか、佐伯かよの自体を知らないか。
[PR]
by reliez | 2006-01-25 23:55 | 日記

ひのくに号に乗って熊本へ行こう♪

e0047488_1492715.jpg1月20日 16:30
とりあえず羽田に着く。
新しい第2ビルの展望台はなかなか
ロマンチックである。
使う相手がいる人は
デートに使ってください。




e0047488_1543944.jpge0047488_156234.jpg1月20日 19:00

とっぷりと暮れた福岡空港で、
ひとり高速バスを待つ。
バスの名前はずばり「ひのくに号」





バスの車窓から見えるのは、ひたすら闇。
闇の中に突如ぼうっと光の宮殿が現れた・・
と思ったら、巨大なビニールハウスだった。

1月20日 20:40===========================

熊本市よりやや手前の、山奥のインターで下車する。
一面闇で、人っ子一人、車一台通らない。
「25m先タクシー乗り場」の立て札を信じて
小雨の中を歩きだしたが、
タクシー乗り場も一面の闇だった。

バス亭に引き返し、携帯でタクシーを呼び
「山鹿(やましか)温泉まで」と言って、乗り込んだ。

そう、あまりの山奥のためビジネスホテルなんて
しゃれたものは存在しないのだ。
初めて温泉旅館をビジネスユースした。

1月21日 8:30~20:00===========================

休日のため暖房も入らない工場で
ひたすら立ち仕事。

就業後、宿に戻るときもタクシーを呼ぶ。
それ以外の交通手段は皆無である。

ところが、現地で合流した同僚Kくんが
「山鹿(やまが)温泉までお願いします。」

COSI「え、”やまが”って読むの?
昨日”やましか”って言っちゃった。」

すると突然運転手さんが
「あ、昨日インターから乗ったお客さん!?」

なんと昨夜と同じ運転手さんでした。
(Kタクシーは運転手が一人しかいないのか!?)

e0047488_2264078.jpg1月22日 13:30====================

昨日がんばった甲斐あって、予定より早めにあがる。
一昨日真っ暗闇だったバス亭は、
こんな風景でした。
でも、やっぱり人も車もあまり通りませんでした。

インターのそばに幼稚園がありましたが、
山鹿の街では一人も子供を見かけませんでした。
通う人は存在しているのでしょうか。

1月22日 19:30===========================

6時間かけて無事帰宅。
雪が積もっててびっくりしました。

今回の旅で得たこと
●車がないと生きていけない場所は本当にある。
●あんな山奥の店にまで、都会と同じパンや弁当を揃えている
 コンビニは本当に偉い。
 全国津々浦々に同じ品質のものを供給するのは
 並大抵のことではできない、と思う。

最後に心配してくだっさったみなさま、
ありがとうございました。
[PR]
by reliez | 2006-01-24 02:49 | 日記

サラリーマンはつらいよ

病をおして出社したCOSIを待っていたのは、
金土日の熊本出張命令だった。

福岡空港から高速バスに乗り、
バス亭からさらにタクシーです。

熊本までたどり着く確率は85%くらいで、
15%くらいの確率で福岡で行き倒れると思います。
[PR]
by reliez | 2006-01-19 23:50 | 日記

COSIダウン

久々に38度の熱を出しました。

薬を飲むためだけに食事して、
次の食事までひたすら寝てます。

このままいくと、もうすぐ
北京ダッグになれます。
[PR]
by reliez | 2006-01-18 16:12 | 日記

出荷式

ずっと開発が続いていた新製品が
なんとか出荷できそうな運びとなり、

ささやかな軽食やビールも用意して、
出荷式が行なわれた。

COSIは樽酒まで飲んで、すっかり酔っ払ってしまい

「もし”ビールかけ”するとしたら、誰にかける?」と聞いて、
H君を困らせたりしてました。
[PR]
by reliez | 2006-01-14 18:40 | 日記