COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

<   2006年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

韓流ブーム再来

実はここ数週間、パソコンTV GyaOで放映している
韓流ドラマ「新貴公子」にはまってます。

主演はあの「ジウ姫」だけど、冬ソナより全然いいです。

この仕事がピークのさなか、毎週2話ずつ観るのは
体力的にかなりハードですが、
昨日は出張先から奇跡的に21時に直帰し、
「一人韓流祭り」(ビール飲みながら2話一気見)
で盛り上がりました。

ああ、キム・スンウがカッコいい・・・
[PR]
by reliez | 2006-08-31 01:21 | 日記

ヒデキ!

e0047488_19482352.jpg
年に一度のコスプレ!

・・ではなくて、
バレエの発表会の衣装です。













e0047488_19505652.jpg

肩口に付いている、このピラピラは
「(西条)ヒデキ」と呼んでいます。

別に「にしきのあきら」でもよかったんだけど。
[PR]
by reliez | 2006-08-27 19:54 | 日記

ハンカチHくん

会社でHくんが
「流行に弱いんです」と言いながら
青いハンカチで汗を拭いていた。
[PR]
by reliez | 2006-08-26 03:47 | 日記

夏の夜の怖い話

提出する書類があったので、
帰る前に無人の人事に寄ったら、机の上に
「辞めることから始めよう」」という本があった。

いったい何のために!?
[PR]
by reliez | 2006-08-20 22:44 | 日記

今日も休出

今日も休日出勤だったので、
またノーメークで会社に行った。

まぁ、被害者はHくん一人だけど。
[PR]
by reliez | 2006-08-20 22:38 | 日記

鳩踏んじゃった

先日浅草でホームレスに間違えられた妹だが、
全く関係ないが 鳩を踏んだことがある。

鳩がたむろする駅前を考え事をしながら歩いていたら、
なにやら足の下でムニュという感触が。

見ると一羽の鳩が靴の下でべちょっとなってるではないか。
慌てて足をどけると、鳩は大急ぎで走って逃げていった。

そのときの感触を妹は
「外側がカサカサして、中がムニュっとしたものを踏んだ感じ。
新聞紙で包んだ焼き芋を踏む感触に非常に似ている
と語った。

わが妹ながら見事な表現力だと思う。
[PR]
by reliez | 2006-08-19 20:06 | 日記

レジの沈黙

スーパーで137円の買い物をして
507円を払ったところ、
店員さんがレジに「5、0,7」と打ち込んだら
レジが黙ってしまった。

店員さんに「しばらくお待ちください」と言われ
二人で固唾を飲んで見守っていると、
3秒後くらいに「370円」
お釣りをはじき出した。

そんなに難しい計算を頼んだか?
[PR]
by reliez | 2006-08-18 01:33 | 日記

Let’s 落ち込み!

livedoor ニュース - 落ち込んでる?なら結婚のチャンスかも=米研究結果

落ち込もうと1時間くらい頑張りましたが
だめでした。

しかも文末の
「結婚前に特に落ち込んではいなかった人は・・」のくだり
自分思い切り該当してます。
[PR]
by reliez | 2006-08-17 01:41 | 日記

浅草寺

妹夫婦と浅草の浅草寺に行ってきた。

妹がダンナから煙草を一本もらって
少し離れた所で吸っていると、
ホームレスらしき男の人に
「お姉さん、一本ちょうだい」と言われたので、

「すみません、私ももらい煙草なんです。」と言うと
「そうなの、頑張ってね」と励まされた。
[PR]
by reliez | 2006-08-14 15:41 | 日記

ある夏の電車の出来事

電車の中で、白人の旦那さん、日本人の奥さん、
中学生くらいのハーフの男の子の家族連れを見た。

奥さんは30代半ば過ぎくらいだが、
巻き髪にタンクトップ、ミニスカート姿で
決して若くはないんだけど、女!って感じをかもし出していた。
(外国のダンナは日本と違って奥さんを女として
扱うせいだろうか)

ところが電車が揺れた瞬間、子供の持っていた
ペットボトルの中身が飛び出して
向かいの乗客にかかってしまった。
しかしこの家族、全く動じる様子もなく平然としている。

どーすんだろーと思って見ていると、
奥さんがおもむろに荷物からタオルを取り出して、
ジュースがかかったおじさんの前に片ヒザをついて
濡れたズボンをせっせと拭き始めた。

おじさん照れてしまって「いやいや大丈夫ですから」
(繰り返すが奥さんはタンクトップにミニスカートである)

「そうですか?」と奥さん今度は
やはりジュースがかかった隣の男の人を拭こうとして、
隣の人もうれしそうに「いやいや大丈夫ですから」

最初はむっとしていたおじさんたちは
いつのまにかすっかり上機嫌になってました。

いやーいくつになっても女を忘れちゃダメってことだね。
[PR]
by reliez | 2006-08-12 18:51 | 日記