COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

闘病(2)

問題:一人暮らしの人間が風邪にかかり帰宅するときに
    どんなにフラフラでもしなくてはいけないことは?

答え:スーパーに寄って、ありったけの食料と水分を買い込む。

経験者ならお分かりと思うが、一人暮らしの風邪は
「風邪が治るのが先か、家の中の食料が尽きるのが先か」の戦いだ。

一人暮らしの風邪とは、山での遭難と同義である。

ここで問題2

風邪をひいた人間が買出しにいけない理由は
もちろん体調が悪いためであるが、もうひとつ
大きな理由があります。さてそれは?

答え:
お風呂にも入れず、熱で汗ダラダラで、
一日中うなされながら枕に頭を押し付けていると
2日も経つと
石の森正太郎のアニメの主人公でも、こんな髪型は無理だろう
というくらい、すごい髪型になります。
[PR]
by reliez | 2007-02-28 01:30 | 日記

闘病(1)

無理な使い方をするから、COSIシュレッダー
39度の高温で発熱しました。

仕事中耐えられなくなり近所の病院に行くと、
「インフルエンザの可能性もあるのでまず検査しましょう」
と、そこまではよかったが

「もしインフルエンザで、待合室でうつすと大変ですから、
結果がでるまでそこでお待ちください」と
診察室の隅に出された椅子で15分間放置。
孤独だ。

幸いインフルではなかったが、会社に戻ったCOSIを見て
こりゃ明日はヤバいと思ったのか、M下さん
「仕事でCOSIさんだけが握ってること、全部吐き出してください。」と、
取調室のように知ってることを全部吐くまで帰らせてもらえなかった。
[PR]
by reliez | 2007-02-28 01:19 | 日記

キツネ購入

e0047488_157424.jpg・・と言っても襟巻です。

毛皮なんてさらさら興味なかったんだけど、
ここんとこの過重労働のストレスと
和洋服共用で使えるマフラーが欲しいという理由から
動物愛護団体に怒られるのを覚悟で
買ってしまいました。

で、この襟巻。
当然ながら元キツネだったということで、
見てくれが非常にキツネにそっくりです。

そのへんにほっぽったまま、酔っ払って見ると
「何でここにキツネが!?」
とビビります。
[PR]
by reliez | 2007-02-20 01:55 | 日記

超合理主義

和服って直線でたためたりとかして
よく合理的って言われるけど、
季節を問わず着るために、一枚の生地に
をいっぺんに描くという
洋服では到底考えられない離れ業
やってたりします。
[PR]
by reliez | 2007-02-19 03:03 | 日記

過去の栄光

今日の昼会の所感(持ち回りのミニスピーチ)は
「絶対見てね」のMさんだったのだが、

「小学生の頃はバレンタインが楽しみだったのですが、
最近はどうでもいイベントになりつつあります・・」と
さりげに小学生時代はモテたことをアピールしていた。

っていうか
早かったんですね、人生のピーク。
[PR]
by reliez | 2007-02-15 01:44 | 日記

父母へ提案

着物に散財したことを妹にメールしたら
「次の買い物は桐タンスだね」と返事がきた。

父さん、母さん、
嫁入り道具を揃えたつもりになって、
娘を嫁にやった気分を味わってみるなんてのは

どおですか?
[PR]
by reliez | 2007-02-14 01:40 | 日記

ディナー

どーも、過労で疲労のCOSIです。
週末も23:45まで働き、酔っ払いだらけの0:00の終電に飛び乗ってます。

夕飯もまだだが、会社でお菓子もつまんだし
深夜にがっつり食べてももたれるので
近所のコンビニで肉まんを購入し、
「袋は要りません」(家の2件隣りなので)と言ったら、

店員に、飲み会帰りのOLが小腹が空いたと
思われたらしく、ほかほかの肉まんを
満面の笑顔で「どうぞ」と渡された。


これが今日のディナーのすべてなんだよ!!!
[PR]
by reliez | 2007-02-12 13:40 | 日記

事件はCOSI家で起きている

ただいま入りましたニュースをお伝えします。
COSI家で絹の腹巻が分裂を始めたもようです。
合わせて6名の福沢諭吉が行方不明になっています。
==============================

いやー、今日は着付けの先生や仲間と
先生の行きつけの日本橋の問屋に
行ってきました。

最初は7800円のいちばん安い帯を見ていたのだけど、
最終的には18000円と38000円の帯を購入。
ありがちな展開である。

しかし、帯は古着でも2万3万平気でするので、
それを考えると格安である。

==============================

生徒仲間のH川さんには、桐の箱に「桜前線」と書かれた
見るからに逸品が出されていた。

白地に日本にあるすべての桜が淡いピンクの
グラデーションで一面に刺繍された見事な帯だったが、
78000円という値段にH川さんも断念。
(そりゃ普通の店じゃそんな値段で買えないのは
分かってますよ)

しかし見事な帯だった。
======================================

着物のコーナーでは、柄のそんなに凝ってない訪問着が
16800円で大放出。
裏地と仕立てを入れると、6万弱。

迷ってうんうん唸るCOSIに店員さんが
細かい計算をしてくれて
「帯と全部合わせてもたったの12万だよ。」
(た、たった・・・)

普通の店じゃ、反物だけでも6万じゃきかないし
超格安なのは重々分かっているんだけど、結局断念。

だって訪問するところがないんだもん。
=======================================

戦闘を終えて17時に帰宅し、
38000円の帯を購入したショックから
しばし爆睡。

帯はお仕立て中なので3月中旬にお目見えです。
(新品の帯って布の状態で売ってるのね~)

以上、COSI家からお伝えしました。
[PR]
by reliez | 2007-02-05 00:46 | 日記

最近働きすぎ

今日、電車の吊り広告の「進歩」が
「進捗」に見えた。
[PR]
by reliez | 2007-02-04 01:12 | 日記

デパートの恐怖スポット(2)

着物の本に「デパートなどで本物を見て
目を養いましょう」とあったので、さっそく
デパートの呉服売り場に言ってみた。

が、
売り場を見ていると、何やら背後に
怪しい気配が・・

見ると和服姿の背後霊・・いや店員が
COSIの2メートルくらい後ろを
ぴったいマークしていた。

COSIが移動すると背後霊も一緒に移動し、
COSIが角を曲がると同じように曲がる。
そして憑依(声をかける)する瞬間をうかがっている。

こわいよー
 こわいよー
   こわいよー

いたたまれなくなって売り場を出ると
店員も霊が取れたかのようにいなくなった。

ここは心霊スポットのトンネルか!?

デパートは恐怖スポットの宝庫である。
[PR]
by reliez | 2007-02-04 01:08 | 日記