COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マントンに着けないっ

やたっ!晴れてきた。
バスに乗るため、もと来た道を戻る。
e0047488_15242317.jpg

向かいの丘の上に見えるのが、大公宮殿らしい。
e0047488_15293763.jpg

さっきと同じカジノ。
天気がいいと、写真写りも全然違うね。
e0047488_15323212.jpg

観光局前からバスに乗り、
よしっ、今度こそマントンに行くぞ!
・・・・・と景気が良かったのも最初の10分だけ。

道は相変わらずクネクネだし、
長旅の寝不足と疲れは取れていないし、
結局状況は何も変わっていないワケで、

うっ・・・・・やっぱりキモチわるい・・・

マントンまで、まだ20分はかかる。
どーしよー、どーしよー、どーしよー

降りるべきか、耐えるべきか、
ハムレット並みに悩んでいると、視界に
「1er Escalier」というバス停が通り過ぎるのが見えた。
絶景ポイントに自力で登るときのバス停だ。

ピンポーン
もはや本能的にボタンを押して、本日2度目の緊急脱出を敢行。

無情にも走り去るバス。
タクシーはおろか、人っ子一人通らない道に取り残され、
目指す目的地は旗らしきものが立つあの場所・・・・・。
e0047488_212629.jpg

ど~してこ~なるの!?
[PR]
by reliez | 2010-10-31 15:24 | フランス老体にムチ打つ旅(2010)

本場でニース風サラダ

日曜でも開いているお店を求めて、ヨットハーバーへ。
急斜面に高層ビルがびっしり。
e0047488_17193695.jpg

クルーザーのデッキや室内に、イスやテーブルが見える。
海の上でシャンパンとか抜いてそう。
e0047488_17253823.jpg

同じカジノでも、こちらはスーパーマーケット。
サンドイッチを売っていたが、あまりの消費期限の長さに怖くて手が出せず。
e0047488_17312163.jpg

良さげな脇道があったので入ってみる。
気分もよくなってきたので、軽くランチにすることに。
e0047488_17362643.jpg

ここはやっぱり、ニース風サラダ でしょう。
器の高さが5センチくらいあって、けっこうなボリューム。
たぶんツナ缶、丸ごと1個入ってます。
バルサミコとオリーブオイルをたっぷりかけて、いただきます。
パンも付いてくるので、食事としてもこれで十分。
e0047488_17452045.jpg

草食動物の気持ちになって、ムシャムシャ食べていると、
小雨まじりの曇り空が、だんだん晴れてきた。
これはやっぱり、ロクブリュヌを目指さないと・・・!
                                    つづく。
[PR]
by reliez | 2010-10-24 17:17 | フランス老体にムチ打つ旅(2010)

モナコはやっぱり リッチだった

観光局で地図をもらい、
カフェが見つかりそうなエリアを教えてもらって、
休憩場所を探すことに。

美し~く整備された公園。
e0047488_11483479.jpg

建物も人もオシャレ。
e0047488_11503962.jpg

かの有名なカジノです。
関係ないけど、レギンスの流行は世界共通なのね。
e0047488_1153116.jpg

止まっている車も、全部高級車に見える。
e0047488_115941.jpg

しか~し、高級車でもしっかり違反切符は切られるのであった。
警官もかっこいいな~
e0047488_125211.jpg

                                                つづく
[PR]
by reliez | 2010-10-24 09:17 | フランス老体にムチ打つ旅(2010)

想定外のモナコ上陸

まだ昼前でホテルにチェックインできないので、
荷物だけ預けて再び外へ。
とりあえず絶景で評判の ロクブリュヌ に行ってみることにした。

絶景ポイントは ド山 のてっぺんにあるのだが、
バス停は海岸沿いにしかないので、少し先のマントンまでバスで行って、
そこからタクシーで戻ることにした。 
e0047488_1352387.jpg

ヴィルフランシュから再びバスに乗り込んだが、
地図からも分かるように、マントンまでの道は
海岸線に沿ってかなり複雑に曲がりくねっている。
細かいカーブのたびに右へ左へ揺さぶられ、
もともと車に強くないところに、極度の睡眠不足。

うっ・・・・・キモチわるい・・・・・

涙目で耐えているうちに、バスはモナコ市内へ。
モナコといえば、モナコグランプリ → ヘアピンカーブ → もうダメかもしれない

そう思った瞬間、降車ボタンをピンポーンと押して、緊急脱出を決行していた。
降り立ったのはモナコの観光局の前。
まったく想定外の事態に どうする、COSI?。
e0047488_23104868.jpg

[PR]
by reliez | 2010-10-17 11:51 | フランス老体にムチ打つ旅(2010)

ニースの路線バス

ニースから、ヴィルフランシュ・シュル・メールは
海沿いにバスで10分ほど。
e0047488_10424721.jpg

海外で初めてのバス停で降りるのは至難のワザなので、運転手さんに
「Octroi に着いたら教えてもらえますか?」と頼んだところ、
まさかのNG回答。

運転席と客席が壁で仕切られていて、運転中に教えるのはムリとのこと。
たしかにそうなんだけど・・・・・(ToT)

途方にくれて突っ立ってると、
運転手さんがしょーがないな~という感じで、
「とにかく乗って」と言うので、とりあえず乗車。

右側の窓に貼りついて、びゅんびゅん通り過ぎる停留所名を、
動体視力全開 で凝視すること10分。
あれ?もしかして次が降りるバス停?
と思ったとき、走りながら前のほうから運転手さんの叫び声が・・・
e0047488_0124099.jpg

とっさに降車ボタンをピンポーンと押して、バスは無事Octroiに停車。
運転手さん、ありがとう。

ヴィルフランシュに到着~!
e0047488_12302314.jpg

[PR]
by reliez | 2010-10-03 10:22 | フランス老体にムチ打つ旅(2010)