COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

4/30 Sat[5] スペイン バルデビュー!

バルがひしめく旧市街にやってきた。
こんな通りが何本もあります。 バル天国や~
e0047488_18152645.jpg

土曜の午後で どの店も賑わっているが、 夜になると更に混むとのこと。
勧められたお店に到着し、いよいよバルデビューだ。
e0047488_18271894.jpg

狭い店内は 既に満員電車状態。 超人気店らしい。
がんばれ、COSI 、なんとかカウンターにたどり着くんだ!
            ↓ ↓ ↓ 注文しようと店員さんが空くのを狙う人々 ↓ ↓ ↓
e0047488_18324193.jpg

普通の店は 冷たいピンチョス(おつまみ)をカウンターに並べているが、
ここは出していないようだ。
e0047488_1847477.jpg

後ろの黒板を見て、食べたいものを このお兄さんに注文する。
言葉の分からない初心者には 超ハードル高いぞ。
でも、COSI には秘密兵器があるのだ。
e0047488_11195637.jpg

↓ ↓ ↓ 秘密兵器 ↓ ↓ ↓
この店では CARRILLERA を頼むようアドバイス付きなのだ。
在住日本人さん、ありがとう!
e0047488_11404351.jpg

これが、CARRILLERA。
マッシュポテトの上に牛ほほ肉の煮込みが鎮座。
パンとナイフとフォークまで付いて、ちょっとした食事です。
肉がトロトロに柔らかくて、 うまし!
e0047488_12115231.jpg

フォアグラを注文している人もいっぱいいて、美味しそうでした。
もちろん昼間から しっかり飲みました。
[PR]
by reliez | 2011-10-30 18:15 | スペインリベンジの旅(2011)

4/30 Sat[4] COSI 持ち過ぎ

サン・セバスティアンは、スペインの3つ星レストランのうち
3件が近郊にあるという グルメの街。

バル巡りでも有名で
「スペイン人は本当に昼間からバルで飲んでいるのか」 を
検証するのにピッタリなのだ。

まずは観光案内所で 詳しい地図をゲットすることに。
宿の立地がいいので、案内所も100メートルの近さだ。
e0047488_126478.jpg

案内所で資料を物色していると、背後から
「お手伝いしましょうか?」

えっ、日本語!??

振り返ると、30代くらいの小柄な日本人女性。

COSI 「ここに住んでらっしゃるんですか?」
女性  「今はビルバオですけど、昔住んでたんですよ。」
今日は友人を案内するため、ビルバオから出てきたそうだ。

「バル巡りをしたいんですけど」 と言うと
「あ、じゃあ、お勧めを教えてあげますよ」 と地図を広げて
『このお店の これがお勧め 』 と詳しく教えてくれた。

適当に巡るつもりが、この出会いのおかげで一気にレベルアップ。

それにしても、日本人の観光客すら少ないこの地域で、
在住の人とばったり会うなんて
やっぱりCOSI 持ってない? (海外限定で)

さぁ~、バルに繰り出すぞ!
[PR]
by reliez | 2011-10-30 12:07 | スペインリベンジの旅(2011)

4/30 Sat[3] 今日のお宿

今日の宿はホテルではなく、
集合住宅のワンフロアを改装したペンシオン(Pension)。

ホテルなら自由にフロントまで行けるが、ペンシオンの場合、
まずは集合住宅のオートロックを突破しなくてはならない。

建物の外からペンシオンの呼び鈴を押して、
カタコトのスペイン語で名前や予約を伝えて、入口を開けてもらう。
(家族経営が多いので、英語はあまり通じない。)

完全に普通のマンションのエントランスホール。
e0047488_11233461.jpg

レトロなエレベーターにびびって、
思わず階段で登ってしまった。
e0047488_11563815.jpg

部屋自体はバスルームもあり、さほど遜色はない。
3つの鍵(建物、ペンシオン、自分の部屋)をもらって
あとは好きに出入りできるので、慣れればかえって快適だ。
e0047488_1213849.jpg

高級避暑地のサン・セバスティアンは とにかくホテルが高く
しかも週末はあっという間に部屋が埋まるので、
宿探しは非常に苦労した。

なんでそこまでして この街に来たのかって?

それだけの価値が、この街にはあるんです。
[PR]
by reliez | 2011-10-29 11:23 | スペインリベンジの旅(2011)

4/30 Sat[2] 大自然ビルバオ号

送迎車で戻ってきました、ビルバオ空港。
ここからバスで移動します。
e0047488_190651.jpg

最寄りの街はビルバオなんだけど今回はパスして、
サン・セバスティアン という街に向かいます。
e0047488_1944880.jpg

スペインって乾いた大地のイメージがあるけど
ここは緑が豊かだ。
「行け、大自然ビルバオ号!」
e0047488_1983287.jpg

1時間15分かけて、サン・セバスティアンのバスターミナルに到着。
1.5km 離れた中心地へ向かうため、路線バスに乗り換える。
e0047488_8581183.jpg

初めての街の路線バスはいつも苦労するが、
実は今回は降りるバス停も分かってない。

目的地までは ほぼ直進のはずだけど・・・と思っていたら、
繁華街に入って くねくね曲がり始めたので、
「しまった、通り過ぎたかも!?」 と思わず下車してしまった。

辺りを見回すと、大きな建物やお店があって
人や車の往来も多いのだが
自分が今どのへんにいるのか、さっぱり分からない。

『道を聞くなら年配の女性』 という鉄則に基づき
70代くらいの老婦人に地図を見せて
「ドンデ・エストイ?」(=Where am I?) と聞いたが、
しまった、人選を間違えた。
老婦人、老眼のせいで 『地球の歩き方』 の小さな地図が見えない。

それでもなんだかんだで、の辺りにいることが判明。
[A]のホテルに行きたいのに、半分でバスを降りてました。
e0047488_15594924.jpg

15分ほどキャリーをガラガラ引いて、無事ホテルに到着。
方位磁石を持ってて、マジ助かりました。
[PR]
by reliez | 2011-10-09 19:01 | スペインリベンジの旅(2011)

4/30 Sat[1] スペイン最初の夜

本当は今夜のうちに次の街まで行けたんだけど、
寝るためだけに街の高いホテル泊はもったいないので、
今夜は空港近くでビバーク。
e0047488_11104867.jpg

周りはびっくりするほど何もありません。
e0047488_11275520.jpg

陸の孤島の上、ホテルにレストランがないので、
自販機の充実ぶりがハンパないです。
e0047488_11301381.jpg

スペインで絶大な人気を誇る クレヨンしんちゃん。
スペインでいちばん有名な日本の地名は
春日部というウワサは本当だろうか。
e0047488_11325114.jpg

明けて土曜日。
朝食はハム・チーズも数種類あって、けっこう豪華。
朝食込みで58ユーロは コスパ良し。
e0047488_11475625.jpg

Wi-Fi がなかったので、ロビーのPCで天気をチェック。
ヒマつぶしに自分のブログを検索してみたら・・・・・
おおっ、1ページ目の最後にでてきたぞ!
COSILOG 世界デビュー(ウソ)。
e0047488_11542613.jpg

出発直前の書き置きにも、みなさんのコメントが。
ありがとうございます。
さぁ、いよいよスペインに繰り出します。
[PR]
by reliez | 2011-10-09 11:10 | スペインリベンジの旅(2011)

4/29 Fri[5] さっそくちょっと冷や汗

パリから向かったのは、スペインのビルバオ空港 (地図の印)。
COSI も今回の旅行まで知らなかった空港です。
e0047488_22353648.jpg

小じんまりした空港に着陸し、
福岡で生き別れたスーツケースと30時間ぶりに再会。
何度も乗り換えたので
「今度こそロストバゲージか?」と思ったけど無事でした。
e0047488_22495362.jpg

さて、今日泊まるホテルは、空港への送迎付きのはずなんだけど、
はて、どうすればいいんだろう。

1階の手荷物受け取りから外に出てみたが、
それらしき車は止まっていない。

中に戻って1階のロビーをぐるっと回ってみたが、
空港の職員もいないし、乗客もはけて閑散とし始めている。
まずい、 心細さMAX
この状況を打破するには、まずは人がいる所を見つけなくては。

本能のまま3階まで登ってみると、ここが出発階らしく
よかった~、インフォメーションもある。
e0047488_23121578.jpg

「3階の出口から出ると、ホテルのマークを付けた車が止まってるから」 と
教えてもらい外に出ると、3階なのに何故か目の前が道路で、
言われたとおりにホテルの車を発見。

お客が来るまで空港前でひたすら待機しているらしく、
COSI 一人を乗せて車はすぐに出発し、10分ほどでホテルに到着。
よかった~
e0047488_23254048.jpg

日本からメールで送迎について問い合わせたけど
返事がなかったので 「行けば何とかなるか」 と思って来たが、
まぁ、今回も何とかなりました。

いつか、何とかならない目に会うと思います。
[PR]
by reliez | 2011-10-03 22:35 | スペインリベンジの旅(2011)

4/29 Fri[4] パリもタッチ&ゴー

案内板で乗継を確認して、巡回バスで移動。
「2G」 という いちばん外れのターミナルだ。
e0047488_18282084.jpg

新しいけど、他のターミナルに比べたら格段に小さい。
e0047488_18575559.jpg

フィレンツェやブレーメンなど、地方都市への発着が専門らしい。
e0047488_1913191.jpg

テレカの自動販売機があったんだけど
e0047488_1995560.jpg

e0047488_1910667.jpg

            「ここに販売される」 って・・・・・記念碑か?

この小さな飛行機(ぎりぎりジェット機)で、スペインまで移動します。
ステップ5段って、マジかいな。
e0047488_1924738.jpg

[PR]
by reliez | 2011-10-02 18:28 | スペインリベンジの旅(2011)

4/29 Fri[3] 光陰矢のごとし

AM9:20 エールフランスでインチョン空港を出発。
当然ながら乗客のほとんどは韓国人。

不便だったのは、COSI、見た目は韓国人と区別つかないので
客室乗務員から とりあえずハングルで話しかけられ、
いちいち「日本人です」と説明してたこと。

そうこうしている間に、お楽しみのディナータイムemoticon-0152-heart.gif
韓国食とフレンチの2択で迷ったけど、ワインを飲みたかったのでフレンチを選択。
ちなみに韓国食には、個装パックのキムチが付いてました。
e0047488_16371538.jpg

食後は座席のモニターで 「塔の上のラプンツェル」を鑑賞。
韓国発なので日本語の映画はないかと思ったけど、
日本発と同じくらいありました。

パリまで12時間のフライトを昔はとても長く感じたが、
最近はご飯食べて、映画1~2本観て、ちょっと寝て、朝ご飯食べて
気がついたら着いてるって感じ。

これって 年を取って時間が経つのが速くなったのか?

そんなわけで、あっというまに朝ご飯。
朝と言えど、普段のCOSI の夕飯よりはるかに豪華。
e0047488_17313075.jpg

14:15 パリC.D.G.空港到着。
1年前と同じ場所だけど、やっぱり昼間は賑やかだね。
去年はAM4:15着でした・・・
e0047488_1749958.jpg

[PR]
by reliez | 2011-10-02 16:32 | スペインリベンジの旅(2011)

4/29 Fri[2] まだまだ楽しいインチョン空港

食堂でウドンも発見。器がウドンぽくないけど。
e0047488_15563092.jpg

トイレの「私が掃除しました」は顔写真入り。
シビアだ・・・
e0047488_15593994.jpg

中央には3フロアぶち抜きの吹き抜け。
室内なのにエラい高い木が植わってる。
e0047488_1674580.jpg

近づいてみると、ちょっとブッキーな人形がいた。
それにしても立派な空港で、韓国の意気込みを感じる。
(ネットも無料Wi-Fiが全館で使い放題)
e0047488_162915.jpg

出国審査を抜けると、おびただしい数の免税店。
朝8時なのに一流ブランドもオープンしている。
こりゃ買い物好きにはたまらんわ。
e0047488_1644174.jpg

最終目的地はスペインの地方空港だけど、
ひとまずエールフランスでパリへ飛びます。
e0047488_176584.jpg

[PR]
by reliez | 2011-10-01 15:56 | スペインリベンジの旅(2011)