COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

5/2 Mon[5] 大聖堂探索中

世界遺産、ブルゴス大聖堂。

たか~い天井にズームしてみると
e0047488_21561813.jpg

まるでレースのような繊細な造り。 
e0047488_21563317.jpg

壁に突然現れる 「黄金の階段」。
e0047488_2222818.jpg

見事な装飾だが、どこに行きたいのか実用性は不明。
e0047488_2224558.jpg

1ユーロを入れると、4ヶ国語で解説が聞ける。
さりげに小銭を稼いでます。
e0047488_2225919.jpg

真打ち登場。
e0047488_2226381.jpg

メインのチャペルです。
あの主祭壇に近寄ってみましょう。
[PR]
by reliez | 2012-01-31 21:56 | スペインリベンジの旅(2011)

5/2 Mon[4] ブルゴスでbigな予感

午後2時、街中の店がシャッターを降ろして、
まるで日曜のような静けさ。
e0047488_2274517.jpg

ブルゴスって日本ではあまり知られてないけど、
サンティアゴ巡礼 の通り道で、
スペインで3番目に大きい教会があるのだ。

以前訪れたフランスのコンクともつながっている。
e0047488_21595489.jpg

これがブルゴス大聖堂。
たしかに大きいけど、その凄さは外からはイマイチ伝わらない。
e0047488_2233657.jpg

見学者は教会側面から入る。
これでもいちおう裏口らしい。
e0047488_23225027.jpg

入ってすぐ右手に豪華なチャペルが。
e0047488_23233720.jpg

・・・と思ったら、ここはまだ「5番」の小部屋。
これだけで普通の教会1個くらいあるよ。
マジかよ、ブルゴス。
e0047488_22442496.jpg

[PR]
by reliez | 2012-01-22 21:58 | スペインリベンジの旅(2011)

5/2 Mon[3] シエスタ前に地図をゲットせよ

ホテルって、ペンションと違って
入口はオープンだし、フロントで英語は通じるし

やっぱ、ホテルはええわ~
e0047488_10542997.jpg

しかし、くつろいでいるヒマはない。
観光案内所が閉まる前に、街の地図をゲットしないと。
たしか案内所は、向こうに見える大聖堂の近くのはず。
e0047488_12313673.jpg

大聖堂が目立つので、地図なしで楽勝でたどり着く。
案内所は2時から4時半まで、がっつり昼休み。
地方ほど シエスタの習慣が残っているようだ。
e0047488_1241017.jpg

ぎりぎり地図をゲットして、やっと休憩。
コーヒーを頼んだら、お菓子も付いてきた、うれしい。
e0047488_1252935.jpg

向かいの日なたのカフェは こんなに混んでいるのに
e0047488_1313476.jpg

日陰側はこのありさま。ホントに太陽が好きなんですね。
日本だったら逆が混むよね。
e0047488_1314994.jpg

[PR]
by reliez | 2012-01-03 10:54 | スペインリベンジの旅(2011)

5/2 Mon[2] 近くて遠いホテル

更に進むと民家もまばらになってきた。
この緑の土地は放牧地かしら(家畜の姿がないけど)。
e0047488_14471775.jpg

2時間弱で目的地ブルゴスに到着。
列車の窓ガラスに映ってますが、 駅前、野っぱらです。
e0047488_1447299.jpg

街まで40分おきにバスが出てるはずだけど、
バス停も 時刻表もない。
こういうときに限って、駅前にタクシーが並んでCOSI を誘惑する。
e0047488_15121951.jpg

スペイン人の旅行者も、あきらめてタクシーに乗っているし、
う~ん、どうしよう、街までけっこう距離あるんだよな~。

なんて、20分くらい葛藤してたらバスが来た。
郊外に移転した新設駅だそうで、駅前は本当に何もない。
e0047488_15212361.jpg

20分ほどで旧市街の入口 スペイン広場に到着。

グーグルマップのアバウトな地図を頼りにホテルを探したが
最初にアタリをつけた道が見事に外れ、旧市街を30分放浪。

やっと見つけたホテルは、バス停から3分の場所でした、とほほ。。。
e0047488_7454114.jpg

途中、何度か道を聞いたが、英語が話せる人になかなか当たらず、
でもみなさん親切に教えてくれたので、
ニュアンスを汲み取りながら何とか着きました。

今思えば、最初に観光案内所を探したほうがよかったかも(地図あるし、英語通じるし)。
e0047488_7524390.jpg

[PR]
by reliez | 2012-01-02 14:47 | スペインリベンジの旅(2011)

5/2 Mon[1] レンフェでGO!

RENFE(レンフェ)とはスペイン鉄道のこと。
今日乗るのはAVEではないけど、ALIVIAという特急列車。

出発前にチェックインカウンターがあって、
なぜか全員、予約とは別の席に振りかえられた。
e0047488_11515723.jpg

先頭車両の顔がカッコよかったけど、写真撮れず。
e0047488_11521298.jpg

山あいのマンション。まわりに土地はありそうなのに集合住宅なんだ。
e0047488_1220912.jpg

ずんぐりした顔のローカル線。だいぶ田舎になってきた。
e0047488_12272924.jpg

マドリッドまで5時間以上乗る人もいるので、車内はかなり快適。
テレビで映画もやっている。
e0047488_12295061.jpg

各席にイヤホンの小袋が置かれていて
席のプラグに差すと、音楽や映画の音声が聴ける。

流れてる音楽がちょっと古風な歌謡曲なので、
周りの若い子は、みんなiPodで自分の音楽を聴いていた。

あまり使われてないようだが、
可愛いので、しっかりもらって帰ってきました。
e0047488_12342257.jpg

                                        レンフェの旅は続く
[PR]
by reliez | 2012-01-02 11:52 | スペインリベンジの旅(2011)

5/1 Sun[5] さらば、サン・セバスティアン

夕方、部屋でちょっと休むつもりが、
昼のワインが効いて、気が付いたら大シエスタ決行

はっと気が付いたら、 きゃ~夜の10時。

こんな時間からゴハンを食べさせてくれる所はあるだろうか。
ダメモトで外に飛び出すと、ほっ、まだ結構人がいる。
e0047488_16434963.jpg

しかし、予想はしてたけど、日曜の夜は休みのバルが多い!

行きたいと思ってた店は軒並みクローズで、
やむなく昼間と同じ店へ。

他の店が開いてないから、更に混んでる~。
e0047488_1753252.jpg

それでも、ちゃんと美味しいものにありつけました。
嗚呼、生ハムがこんなに気軽に食べられる国があったのね。
e0047488_17594969.jpg

翌朝、8:42の列車に乗るために早朝にチェックアウト。
週末の魔法が解けたサン・セバスティアン。
道行く人も眠そう。
e0047488_1825949.jpg

スーツケースを引いて、川沿いの遊歩道を歩く。
道が整備されているので、確かに苦にならないけど、
荷物を持って歩くなら、今回のホテルの場所がギリギリかも。

Pensión Aldamar

さらば、サン・セバスティアン。
さらば、泊まれなかった高級ホテル マリア・クリスティーヌ。
次来るときも、きっと泊まれないけどさっ。
e0047488_18313766.jpg

[PR]
by reliez | 2012-01-01 15:35 | スペインリベンジの旅(2011)