COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

4/28 Mon[4] ボーヴィレへの道

村の中心にある中世の塔。
村の入口からこの辺までが特に賑わってる。
e0047488_14571965.jpg

多くのお店や家が、ウサギや卵で窓辺を飾っている。
イースター限定だとしたら、いい時期に来たのかも。
e0047488_1554952.jpg

噴水があったんだけど・・・
e0047488_1564651.jpg

いろんな意味で本人は不本意に違いない・・・
e0047488_1574675.jpg

せっかくなので、村はずれにあるボーヴィレ(Beauville)を目指す。
有名なアルザスプリントのお店なんだって。
e0047488_15274585.jpg

村の中心を過ぎるとホテルやお店はなくなり
まわりはほぼ普通の民家。
よろい戸がハートマークでかわいい。
e0047488_1631658.jpg

ここでも七夕モード。
e0047488_1674583.jpg

村はずれまで来ると、人っ子一人いなくなった。
おかしいなぁ、観光局の人の話だと、このへんなんだけど。
e0047488_16155472.jpg

さらに進むと建物が全くなくなり、山の中の自動車道になった。
どうもボーヴィレは
徒歩で行く場所ではないようだ。

途中「Beauville」の看板を見つけて小躍りしたのもつかの間、
「ここから300m」の文字に完全にココロが折れる。

くじけながら、なんとか到着。
案の定、駐車場は車でいっぱい。
そう、ここはフランス、ミシュランの国。
旅行はマイカー移動が基本なのだ。
e0047488_1617151.jpg

テーブルクロスはどれもステキだったが、
円安でお高かったのと、
なによりうちにはテーブルがないので、結局買わなかった。
市中より安いらしく、フランス人はみんなマジ買いしてた。
e0047488_932010.jpg

[PR]
by reliez | 2014-06-06 14:59 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)

4/28 Mon[3] リボヴィレ看板コレクション

食後は村の散策。
ぶっちゃけ名所があるわけではないので、
気のむくままブラブラ歩く。
e0047488_12112610.jpg

ワイナリーでは試飲して買うことができる。
ここは時間がなくて行けなかった、残念。
e0047488_12142533.jpg

看板がコルマールより更にカワイイ。
これはオモチャ屋さん。
e0047488_12444264.jpg

アイロン、つまりクリーニング店?
e0047488_1245167.jpg

美容院だった。
ちょっとコワい。
e0047488_12452224.jpg

これは分からなかった。
肉まん屋か?
e0047488_12453541.jpg

教会の屋根がモザイクなのはコルマールと一緒。
ブルゴーニュ地方でも似たような屋根を見たことあるけど、
富の象徴という話だった。
e0047488_14353195.jpg

イースターって七夕のようなこともするのね。
卵に願い事は書いてなかったけど。
e0047488_14414922.jpg

[PR]
by reliez | 2014-06-06 12:11 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)

4/28 Mon[2] 初めてのランチ

リボヴィレは端から端まで1kmちょっとの村。
丘の上に中世のお城が見える。
e0047488_719887.jpg

丘の斜面はブドウ畑。
隣りのリクヴィールのほうがメジャーなので、
この村に泊まる人はけっこう少ないかも。
e0047488_9161564.jpg

まだ12時過ぎだったけどチェックインOK。
部屋かわい~
クッションと壁紙がおそろいで、カーテンもデザインを合わせてある。
e0047488_9215866.jpg

家具もカワユし。
e0047488_9262574.jpg

水回りはピッカピカ。
これで料金はコルマールより安いし、
コルマールから日帰りにしなくて正解だったかも。
e0047488_930435.jpg

ホテルの人にお勧めを聞いて、
フランス上陸後、初のちゃんとしたレストランへ。
バスを降りてすぐの村の入口にある。
e0047488_9422229.jpg

外を歩いている人が少ないわりには、店内はほぼ満席。
COSI以外の一人客もちらほら。
e0047488_9471212.jpg

本日の定食をセレクト。うぉ~、久々の野菜だ~。
そしてもちろんアルザスの白ワイン、リースリングも頂く。
e0047488_9542564.jpg

メインは、まさかのお米との再会(インディカ米だけど)。
シチューのような軽めのクリーム煮が、ワインに合うね。
ワインと合わせて14ユーロ、満足じゃ~。
e0047488_10415.jpg

[PR]
by reliez | 2014-06-01 07:19 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)