COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

5/2 Fri[6] 堪能。アルザス博物館

アルザス博物館はまだ続く。
これは昔のキッチン。
e0047488_6255913.jpg

パンをこうやって保存してたのかな?
e0047488_627268.jpg

自由が丘あたりの雑貨屋にありそう。
e0047488_6342430.jpg

お菓子やパンの焼き型。
e0047488_641910.jpg

中庭も素敵だ。
e0047488_6273077.jpg

当時の女性の衣装。
夜中に見たらちょっと怖いかも。。
e0047488_674794.jpg

ドールハウスが素敵だったので5連発。
e0047488_6112855.jpg

人形のセレクトに難あり。
お父さん、直立不動で座ってます。
e0047488_6132076.jpg

後ろに掛かっている小物が、超細かい。
e0047488_626576.jpg

かわいい子供部屋。
リアルでこんな色使いしてそう。
e0047488_6114785.jpg

後ろの棚には調味料やスパイスの名前が。
e0047488_6133763.jpg

地下には昔のワイン作りの道具も。
いやー、当時のアルザスを堪能しました。
e0047488_6411917.jpg

[PR]
by reliez | 2015-07-30 06:26 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)

5/2 Fri[5] 禁断の2階へ

装飾博物館を出ようとすると、日本人の係員さんが
「ところで、2階は行きました?」

へっ、行けるの?

「たぶん面倒だから案内してないだけで、
 係に言えば行けます。
 私、代わりに言ってあげましょうか?」

控えめに見える係員さんから
「言ってあげましょうか」なんて言われて
びっくり恐縮して「いえいえ、大丈夫です。自分で言えます!」

「そうですか?こっちの人って自分から言わないと
 何も教えてくれないから、どんどん聞いてくださいね」

それはもう、コルマールの美術館でも身にしみました。

順路を戻ると、たしかに階段の前に係員がいて、
リクエストするとロープを外して通してくれた。
これじゃ誰も行けると思わないわな。
e0047488_857860.jpg

係員さんはロープを閉めて一緒に2階に上がり、
COSIの歩みに合わせて2階を一周していた。
こうやって監視員の数を節約してるらしい。
e0047488_10352132.jpg

2階の展示は昔のおもちゃ。
動かすと、ネズミを追いかけたり
皿がグラグラするみたいで、なかなかユニーク。
e0047488_6135085.jpg

2枚目のパス(入場料半額)は、
同じ建物の2階の美術館で消費。
撮影禁止で中の写真はないけど、
う~ん、ここはもっと優先度落としてもよかったかも。
e0047488_6345795.jpg

美術館で消化不良気味だったので、
もうパスはないけど、自腹でアルザス博物館へ。
ここはお勧め。
e0047488_6424022.jpg

昔の壁やドア。
窓のよろい戸にもかわいい彫刻が。
e0047488_919411.jpg

家具や小物入れにも独特のイラストが。
e0047488_919168.jpg

歩行器ってこの時代からあったのね。
昔は日本でもよく見かけたけど、今あるのかしら。
e0047488_9192664.jpg

水を補充するのが大変そうな洗面台。
現代文明に感謝である。
e0047488_9194154.jpg

[PR]
by reliez | 2015-07-20 08:54 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)

5/2 Fri[4] ムンスターの正体

午後は美術館巡り。
ストラスブールパスで1件目が無料、2件目が半額になる。
とりあえず大聖堂の目の前の装飾博物館へGO。
e0047488_6192665.jpg

司教の宮殿だった建物で、部屋も見ごたえあり。
e0047488_6203884.jpg

最初から食べ物が乗ってるようなデコボコのお皿。
おかずが少ないとき、これでごまかすのだろうか。
e0047488_6232267.jpg

かわいい花柄と思いきや、なぜ顔が・・・
e0047488_6235050.jpg

色をつけたらオカメになってしまった人形。
けっこう突っ込みどころ満載だ。
e0047488_6245114.jpg

2階にも展示らしきものが見えるんだけど、
どうやったら行けるんだろう。
e0047488_626269.jpg

順路に沿って出口にたどり着くと、
なんと係員に日本人の女の人が!
日本人観光客が少ないらしく、自然と話がはずむ。

C「もしかしてフランスの人も今、連休中なんですか?」
係「そうなんですよ。メーデーが木曜なので、みんな有休とって。
  普段からしょっちゅうプチバカンスしてるんですよ。

なるほど、だからどこも混んでるのか。
アルザスは実はビールも美味しいという情報もゲット。
たしかにほぼドイツだもんね。

ここでCOSIは気になってるあの質問を。
C「あの、ムンスターって何ですか?」
係「ああ、あれはマンステールといって、アルザスの人でも
 けっこう苦手な人が多いチーズなんです。



どわーん、そんなキワものだったのか。

日本に帰って調べると、ウォッシュタイプという
クセの強いタイプのチーズらしい。
日本のデパ地下でも売ってるので、ツワモノはチャレンジを!
[PR]
by reliez | 2015-07-15 06:19 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)

5/2 Fri[3] 再び天文時計

次に訪れたのは大聖堂の天文時計。
え?昨日も見たじゃないかって?
毎日12時から、からくり時計のデモがあるのだ。
料金2ユーロは、またまたパスで無料。
e0047488_6183720.jpg

時間になると、奥のほうでムービーが始まったが、
大きな柱が邪魔でまったく見えないし、
フランス語でさっぱり分からん。
e0047488_6253924.jpg

ムービーが20分ほど続いたあと、ようやくデモンストレーション。
人形が右から左へ行進して、
ちょっと小技を披露して去っていく。
5分ほどで終了~。
e0047488_6343574.jpg

天文時計のデモは「必見派」と
「なんじゃこりゃ派」に分かれるみたいだけど、
すみません、COSIは なんじゃこりゃ派です。
(事前のムービーが長すぎ・・・)

でも利点もあって、いつもは有料のライトが
ずっと点いてるので、隅々までじっくり見れる。
e0047488_6343889.jpg

よく見ると、今日の日付の「2」を指してる。
e0047488_6295531.jpg

車輪に曜日が書いてある。
今日はヴィーナスのvendredi(金曜日)。
e0047488_6323133.jpg

時刻も12時42分で合ってる。
上は惑星の位置関係だろうか。
地球には小さな月も付いている。
e0047488_6455814.jpg

まさかと思ってネットでこの日の惑星位置を調べたら
あ、合ってる・・・
3日前が新月なので、月の位置もあってる。
けっこうガチで凄いぞ、天文時計。
e0047488_6513972.jpg

[PR]
by reliez | 2015-07-07 06:18 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)