COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

8/9 Fri[1] 二者択一の旅

まずは空港と駅の間のスーパーで水を調達。
あせって手前のキオスクで買うとバカ高いから要注意だ。

空港駅でチューリッヒまでの切符を購入するが、
ここで大きな選択をせまられる。

①スイスパスを買う
   鉄道がフリーで、登山鉄道・ロープウェーは半額
②半額カードを買う(1カ月有効) 
   鉄道・ロープウェー・登山鉄道が半額。①より安い
e0047488_8353866.jpg

結局②を120CHFで購入したが、
半額で買う権利を得ただけで、切符代は別だ。
は~057.gif

ちなみに2015年に制度が変わって、単体の②はなくなったみたいね。
<お勧めの情報サイト Swiss Support>

15分ほどでチューリッヒ駅に到着。
駅前の生協が遅くまで開いてたので、
ここで水を買ってもよかったかも。
寝るためだけのホテルにチェックインし、この日はバタンキュー(死語)。
e0047488_662874.jpg

翌朝は体調も回復し、しっかり朝ごはん。
スイスのホテルは朝食付きが普通みたいだ。
フランスやスペインと違って、
外で朝食を食べる場所も少なそうだしね。
e0047488_6112655.jpg

外はまさかのド雨。
フロントの人に「グリンデルワルトの天気はどうですかね」と聞いたら
気の毒そうに「だいたい同じ」と言われてしまった。
e0047488_6211733.jpg

建物からいきなりケーブルカーが出てて
びっくりした。
e0047488_6241187.jpg

再びチューリッヒ駅へ。
構内にハンバーガーやホットドッグの店もあるが、
ハンバーガーセットは軒並み1000円以上!
e0047488_9182675.jpg

今日の目的地グリンデルワルトへは2つの行き方がある。

①ベルンを経由するオレンジルート
   平地を特急で走るので速い。2時間半、77.8CHF
②ルツェルンを経由するブルールート
   景勝ルート。3時間半、59.8CHF
e0047488_557271.jpg

雨で景勝も期待できないけど、早く着いてもどうせ雨なので
半額カードを使って②を29.9CHFで購入。

ルツェルンまでは普通の通勤列車のような感じで
車内も混みこみ。
今のところスイス感はゼロ。
憧れの風景にはいつ出会えるのだろうか・・・
e0047488_9431086.jpg

[PR]
by reliez | 2015-10-31 05:58 | スイス思い立ったが吉日(2013)

8/8 Thu[2] ハロー、チューリッヒ♪

乗り継ぎ待ちの3時間、横になりたかったが、
診療所は有料とのことでパス。
結局待合室でぐったりして過ごす。

18時、スイスに向けて飛び立つ。
アムステルダムの同心円状の街がはっきり見えた。
e0047488_5424571.jpg

ちりめんのような不思議な地形。
さすが海より低い国。
e0047488_5491672.jpg

12時間くらい絶食してたので、乗る前に菓子パンを買ったら
機内でもサンドイッチが出た。

「しまった、菓子パン要らなかったな~」と思いながら
両方食べてたら、よっぽどヒモじいと思われたのか
隣のスペイン人親子のパパに「これも食べる?」と
彼の分まで勧められてしまった。。。(もちろん丁重にお断りした)
e0047488_552284.jpg

川沿いの巨大な煙突から大量の煙が出てて、ちょっと不気味。
何の施設だろう。
到着までこんな平野が続いたので、
全然スイスに向かっている実感がない。
e0047488_6104567.jpg

わずか1時間20分でチューリッヒ空港に到着
(地図で測ったら600kmしかなかった)。
理解できないドイツ語圏の看板にちょっと憂鬱になる。
e0047488_6163941.jpg

[PR]
by reliez | 2015-10-28 05:39 | スイス思い立ったが吉日(2013)

8/8 Thu[1] プレイバック in スイス

物価が高いと評判で、行くのを躊躇していたスイスだけど、
林先生に「いつ行くの?今でしょ」と背中を押され(ウソ)
思いきって2013年夏に行ってみた。

そしたら帰国後スイスフランが暴騰し、
1CHF=108円(当時)⇒125円!!!(2015年)
と言うわけで、あのとき行っててよかった、スイスの旅です。
------------------------------------------
今回は就航したばかりの福岡-アムステルダム直行便を
出発の8か月前に速攻予約。
直行便だけあって、朝10時25分と余裕の出発だ。

ちなみに2016年1月から運休が決まり
これがメモリアル搭乗となってしまった・・・057.gif
e0047488_1614641.jpg

直行便は機内アナウンスは日本語だし、
日本人CAもいて、やっぱり快適♪

夕飯はワインを頂きながら
映画「レ・ミゼラブル」を観て号泣してたら
あれ、
もしかして、
頭痛い?

そう、
仕事からの解放感 + 直行便の安心感 + ワイン + 映画で感動

= 脳内でセロトニンが大量発生

⇒⇒⇒ 偏頭痛のいっちょあがり

しかも近年まれに見る重症で
機内後ろの乗務員席に座らせてもらい
吐き気をもよおしたらトイレに直行を繰り返す始末。

でもオランダ航空クルーのみなさんがホント親切で、
いつでも駆け込めるようトイレをキープしてくれたり、
ペパーミントオイルを染み込ませたお手拭き(これが凄い効いた)
をくれたりした。

そんなこんなで、便座を抱きしめながら
アムステルダム・スキポール空港へ到着。
e0047488_7271589.jpg

旅行で体調を崩すタイミングが、どんどん早くなるなぁ。
[PR]
by reliez | 2015-10-21 06:10 | スイス思い立ったが吉日(2013)

5/6 Tue[1] フランス○○を楽しむ旅

エールフランスの不親切な自動チェックイン機のおかげで
チェックインは大渋滞。
e0047488_6364990.jpg

飲み物サービスでシャンパンが出てくるのが
さすがのエールフランス。
ランスで買えなかった分、臓腑にしみたぜ。
e0047488_919617.jpg

夕食にチーズが付いてくるのもフランスらしい。
ワインがミニボトルで出てきて嬉しい。
e0047488_9243672.jpg

食後は映画「ホビット」を観たが、3部作の真ん中だったらしく
 ・突然始まって中途半端に終わる
 ・ガンダルフがハリー・ポッターの校長先生にしか見えない
など難点はあったが
オーランド・ブルームがカッコよかったので、すべて許す。

「清州会議」を観てひと眠りしたら、もう朝食。
朝7時にソウル到着。
e0047488_9501581.jpg

インチョン空港のタッチパネル式の大型案内板。
日英中国語に自在に切り替わる。
最近日本にもこのタイプが増えてきたね。
e0047488_954445.jpg

免税店ではなぜかシュッとしたイケメンが
化粧品を手売り。
日本の女子がターゲットか?
e0047488_9582849.jpg

連休最後なので、免税手続きは長蛇の列。
e0047488_1012092.jpg

おなじみ伝統行列。
何回か見てるので、そろそろ小芝居などもやってほしい。
e0047488_1024173.jpg

14時の便で福岡へテイクオフ。
食事がちらし寿司じゃなくて、ちょっとがっかり。
洋食が続いたあとは、あれがけっこう楽しみだったんだけど。
e0047488_105732.jpg


さて、フランス○○を楽しむ旅。
数時間に1本のバスで村をまわり、
日曜の店休に備えてミネラルウォーターやパンを買いだめ、
メーデーでどこにも行くところがない洗礼を受け、

そう、これは フランス不便を楽しむ旅 だったのです。
正直まだ楽しめるほど達観できておりませんが。

***The END ***

≪おまけ・旅のデータ≫

◆移動
   航空料金:147,390円(大韓航空/エールフランス)
   電車   :パリ - ナンシー      33ユーロ(ネット早割)
         ナンシー - コルマール  33ユーロ
         ストラスブール - ランス 20ユーロ(ネット早割)
         ランス - パリ      43ユーロ(ネット早割)

◆宿泊
   パリ
     Corail(初日) 79ユーロ/1泊
     Azur Hotel(最終日) 80ユーロ/1泊
   ナンシー 
     ibis Nancy Centre Gare et Congres 72.85ユーロ/1泊
   コルマール
     Hôtel Kyriad Colmar Centre Gare 82.88ユーロ/1泊
   リボーヴィレ
     Hôtel De La Tour 76ユーロ/1泊
   リクヴィール
     Hôtel De La Couronne 62.5ユーロ/1泊
   ストラスブール
     Hotel Victoria 74.6ユーロ/1泊
   ランス
     Hôtel Le Bristol 61.8ユーロ/1泊
[PR]
by reliez | 2015-10-18 06:36 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)

5/5 Mon[1] 帰国の朝

7時半までゲージュツを楽しんで、ホテルに戻る。
9時前でもこんなに明るい。
e0047488_1152985.jpg

ヒマつぶし用にホテルのフロントでパンフを漁ってたら、
フロントの人に「お手伝いしましょうか」と声をかけられ、
明日朝いちで帰国するとは言えず、部屋へ逃げ帰る。

リムジンバスのパンフで掘り出し物を発見。
下から2番目が日本語なのだが
子供は「稚児」、25歳未満は「若手」、グループは「組」だって。
e0047488_545589.jpg

月曜の朝はやっぱり「テレマタン」で始まる。
って、”フランスのみのもんた”じゃないか!
先週までの人はやっぱりピンチヒッターだったのか?
e0047488_5563647.jpg

「そして父になる」のDVDはフランスでも発売されている。
e0047488_673481.jpg

東京で震度5弱のニュースが、フランスでも流れていた。
安部総理がパリに来てるはずなんだけど、
そっちは全く流れなかった。
e0047488_67431.jpg

閉まるのか?ワイン4本入りのスーツケース。
根性で閉めました。
e0047488_61797.jpg

空港行きのリムジンバスがなかなか来なくて、ちょっと焦った。
市内と空港を結ぶ鉄道もあるけど
治安がイマイチで危ないんだよね。
e0047488_6173254.jpg

[PR]
by reliez | 2015-10-12 11:05 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)

5/4 Sun[6] 美術館でTについて考える

国立近代美術館で長蛇の列に20分ほど並ぶ。
まぁ、無料だから仕方ないか。
e0047488_6193285.jpg

広場に直に座り込んで
スズメのように日向ぼっこする人たち。
この風習だけは日本に根付かないだろうな。
e0047488_623167.jpg

名物の透明チューブの通路。
暑いです。
夏はきっと地獄です。
e0047488_6302323.jpg

上層階からは、パリの名所がひととおり拝める。
これはモンマルトルの丘のサクレ・クール寺院。
e0047488_6323659.jpg

テラスレストランもあるが、そこそこいいお値段だったのでパス。
金の糸目は健在だ。
e0047488_6383495.jpg

ピカソ、モディリアーニ、シャガールにフジタ。
日本と違って展示の写真は取り放題だ。
e0047488_8334431.jpg

こういう現代美術もわりと好きなのだが、
e0047488_8444332.jpg

ここまで来るとさすがによく分からない。
e0047488_8445260.jpg

ところで4年ぶりの訪仏で思ったのはやはり
フランスにはトイレの神様はいない
ということ。
世界に誇るTGVのトイレもけっこう汚れてたりする。

それにひきかえ、この美術館のトイレは
掃除もされてて決して不潔ではないのだが、
なぜか居心地が悪くて、早く立ち去りたい気分になる。

病院のような白いタイルや寒々しい蛍光灯を眺めながら、
なんでだろうと考えて気がついた。

日本のデパートや施設のトイレを思い出すと、
クリーム色や木目調の壁に暖色系の照明。
長居したくなる要素が満載なのだ。

用が済ませればいいフランスと
リビングのような居心地を追及する日本。
おもしろいね。
[PR]
by reliez | 2015-10-10 06:19 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)

5/4 Sun[5] 再び大活躍、Wi-Fiルーター

バスチーユ駅で5号線から1号線に乗り換え。
地下鉄だけど地上にホームがある。
階段でワイン4本入りのスーツケースと格闘してたら、
年配のマダムが手伝ってくれた。
パリも悪い人ばかりではないよ。
e0047488_641458.jpg

駅のホームからちょうどセーヌ河が見える。
日曜なので河岸に市が立ってるけど、古本市かな?
ボートの住人らしき男性がデッキでギターを弾いていた。
優雅だなぁ。
e0047488_6175537.jpg

リヨン駅近くのホテルにチェックイン。
古い建物を利用したいわゆるトラディショナルタイプ。
リヨン駅近で80ユーロだから、まぁこんなもんかな。
e0047488_6211791.jpg

ところで時刻は午後4時。
不測の事態に備えて何も予定を入れてなかったが、
電車は予定通り着いたし、体力もありあまっている。
どっか行きたいけど、日曜でお店は休みだし
美術館の閉館時間もせまっている。

なんかないかなぁと必死でガイドブックをあさると、
あった!国立近代美術館(ポンピドゥー・センター)。
閉館21時、第1日曜は無料。
第1日曜って 今日じゃないか!!

さっそく「地球の歩き方」の地図を頼りに美術館に向かったが、
いざ地下鉄から地上に出てみると、
地図にほとんど道の名前が書かれてないので
自分の位置も方角もさっぱり分からない。

しかし、そんなときはWi-FiルーターをONにして
トリップアドバイザーを起動して
位置情報サービスをONにすれば
じゃーん。
e0047488_8505873.jpg

自分の現在位置も常に更新されるので、
方向を誤ってもすぐ分かる。

ナビ通り歩いて、外観が特徴的な
ポンピドゥー・センターに無事到着。
語学学習の鉄板キーフレーズ「道を聞く」の
項目がなくなる日も近いな。
e0047488_959489.jpg

[PR]
by reliez | 2015-10-06 06:04 | フランス〇〇を楽しむ旅(2014)