COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

1/6[1] 高地からさらに高地へ

夕食はクスコのホテル内で。
写真左下が、コカの葉に熱湯を注いだコカ茶。
南米では定番のお茶だけど、材料はコカインと一緒なので、
日本に持って帰るとお縄をちょうだいする。
e0047488_944946.jpg

マチュピチュで身体が慣れたのか
着いた初日ほど空気の薄さは感じない。
食後に近所のスーパーに行った人がいたが、
棚がスッカスカで何もなかったと言っていた。

翌日のフライトは朝7時40分。
午前4時モーニングコール、4時半荷物出し&朝食、
5時20分ホテル出発。
ツアーは楽だけど過酷だ。
e0047488_11325977.jpg

搭乗手続きのあと、しばしお土産タイム。
ヤスさんが仕事で関係してるお店のチョコが、
パッケージがマチュピチュ柄ということもあり、ツアー客に大人気。

店員だけでは客をさばききれなくて、
ヤスさんもカウンターに入って接客・会計に大忙し。
商売上手である。
e0047488_1225316.jpg

何でも器用にこなすヤスさんに
もっと豊かになろうとする
ペルーのたくましさを垣間見た気がした。

ペルーのLCC、ペルビアン航空でテイクオフ。
標高3400メートルに人がびっしり住んでいる光景は、やはり圧巻。
e0047488_1521545.jpg

南下するにつれ山が雪化粧を始めた。
高度1万メートルくらいを飛んでいるはずだが、
標高が高いので、ずっと地面が近いままだ。
e0047488_15312320.jpg

離陸25分後、眼下に大きな水面が。
え、こんなところに海?
e0047488_1538573.jpg

実はこれがかの有名なティティカカ湖。
標高3800メートル、長さおよそ200km弱。
飛行機でも縦断するのに10分かかった。
e0047488_15455735.jpg

ティティカカ湖を過ぎると、間もなくラパス到着。
標高4000メートルの平地に、家がびっしり建ってる。
ウソでしょ・・・
e0047488_16224930.jpg

正方形の区画に、グレーのトタン屋根。
車がある家も多い。
塀で仕切られてるのは治安上の理由か?
e0047488_16373262.jpg

向こうに見える山は6000メートル級のはずだけど、
ここから見たら標高2000メートル。
とんでもないとこに来ちまったぜ。
e0047488_1622585.jpg

[PR]
# by reliez | 2016-01-05 20:00 | 南米チャレ休への道(2016)

1/5[4] さらばマチュピチュ

バスでマチュピチュ村に戻り、昼食後フリータイム。
「群馬の温泉街」と言っても違和感ない風景。
多湿の気候のせいか、草木が日本と似ている。
e0047488_170466.jpg

プラットフォームに並ぶカラフルなお土産屋。
すぐ後ろは”中国桂林”の絶壁。
e0047488_1725483.jpg

カエルの形のごみ箱。
分別は「オーガニック」「ノンオーガニック」「有害」???
ネットでリサーチする限り、ペルーのゴミ分別は
まだまだ発展途上らしい。
e0047488_1733372.jpg

希望者はヤスさんの案内でインカマッサージの店へ。
COSIはパスして、駅前の民芸品マーケットをうろうろ。
どの店も基本的に商品は同じで、価格はドル建て。

あとでマッサージ組に「どうだった?」と聞いたら
「よかった」「微妙」と感想はさまざま。
待合室から聞こえるSさんとヤスさんの
世間話がおもしろかったらしい。
e0047488_17111522.jpg

ホテルで荷物をピックアップして駅へ。
待合室では民族音楽の演奏も。
サンポーニャという楽器らしい。
e0047488_17302812.jpg

帰りは「ビスタドーム」という行きよりいい列車。
料金も87米ドルにアップ。
運転手だか車掌さんが、こんな目立つ所で化粧直ししてた。
e0047488_17523572.jpg

帰りは天井の窓もばっちり。
e0047488_185299.jpg

テーブルにはかわいいマットが。
e0047488_1865578.jpg

ペルーの飲み物といえば、このインカコーラ。
レストランでも飛行機でも必ず置いてある。
インカの黄金を表してるらしい。
e0047488_6125223.jpg

突如、大音量で民族音楽が流れ、
車掌さんたちによる民族舞踊と
アルパカ製品のファッションショー(&即売会)が始まった。
男の車掌さんもメンズのセーターを着て
ランウェイをウォーキング。
e0047488_613133.jpg

高度が上がるについれて、密林から岩山に
風景が変わってきた。
マチュピチュって高地のイメージがあったけど
実はクスコから避難する低地だったのね。
e0047488_6131011.jpg

その後、オリャンタイタンボでバスに乗り換え、
行きと同じく熟睡して
窓ガラスに何度も頭突きしながら
クスコに戻ったのでした。
[PR]
# by reliez | 2016-01-05 13:20 | 南米チャレ休への道(2016)

1/5[3] バーチャル・マチュピチュあり〼

門をくぐって市街地へ。
この先は一方通行・リタイヤ不可なので
希望者は入口に戻れるが、ここまで来たら
さすがにみんなフルコースを選択。
e0047488_6131879.jpg

居住エリアに下りてきた。
階段状の土地で登り降りが多い。
住んだら健康によさそうだ。
e0047488_628139.jpg

路地裏っぽい。
e0047488_6281183.jpg

圧巻の段々畑。
雨が多いので水路は要らなかったとか。
e0047488_6354341.jpg

広場を通り過ぎたあと、広場にリャマちゃんが現れたので
「きゃ~」と写真と取りに駆けよると、監視員に
「One way! One way!」と怒られた(でも強行突破)。
e0047488_6234961.jpg

石が崩れたままの場所もある。
今後も整備を進めて、見学エリアが広がる予定だそうだ。
e0047488_6341388.jpg

人気のワイナピチュ登山。
山頂に人影が見える。
e0047488_6445339.jpg

下から見上げる市街地。
全戸日当たり良好。
e0047488_7104092.jpg

中国桂林の風景もくっきり。
ときどき麓を列車が走るのが見える。
e0047488_5364170.jpg

山の斜面の白い筋が、バスで登ってきた道だ。
e0047488_5502850.jpg

これだけ見通しがきくと、
てっぺんの見張り小屋も見張り甲斐がある。
e0047488_16442129.jpg

ここでビミョーなお知らせが。
実はマチュピチュ、ストビューで完全網羅されています。
これじゃ行く人がいなくなるレベルの充実ぶりです。
ワイナピチュ登山もできます。
すごい時代になったものだ。
e0047488_7382098.jpg

[PR]
# by reliez | 2016-01-05 10:03 | 南米チャレ休への道(2016)

1/5[2] フィーバー発動

ガイドさんの提案で、地図左方向のインカ道(黒線)へ進む。
見学ルート(オレンジ)を進むと一方通行なので、
撮影ポイントに戻ってこれないのだ。
e0047488_1615821.jpg

午前9時6分。
左にあるのが見張り小屋なのだが、
霧が深すぎて何も見張れず。
e0047488_1633073.jpg

9時21分、インカ道から見た遺跡。
事態はあまり好転してない。
e0047488_5475433.jpg

9時38分、撮影ポイントに戻るも、やっぱり真っ白。
やむなくこの状態で写真フリータイムへ。
e0047488_6134734.jpg

幻想的(←ポジティブ)な遺跡を撮影していると、
風にのって雲が徐々に移動していき・・・
e0047488_614635.jpg

9時50分、晴れたーー!emoticon-0169-dance.gif
ワイナピチュ(背後の山)に少し雲がかかってるけど、
遺跡部分はくっきり。
みんな大興奮してシャッターをパシャパシャ。
添乗員のSさんもヤスさんも、カメラ係で大忙し。
e0047488_6141453.jpg

9時54分、風で再び雲が流れ込み、フィーバータイム終了。
※上と同じ場所の写真です。
結果論だけど、最初から晴れてたら
こんなに盛り上がらなかったし、
これはこれでよかったかも。
e0047488_614223.jpg

[PR]
# by reliez | 2016-01-05 09:00 | 南米チャレ休への道(2016)

1/5[1] どうなる、マチュピチュ

列車では、隣の班のアラサー女子2人と向かい合わせ。
聞けばお二人とも一人参加で、
S班の4名、K班の3名が女性の一人参加だ。

お向かいの一人は、1月2日出発のツアーに申し込んでたが、
ダカールラリーの影響で催行中止になり、
この日の参加になったそうだ。

午後9時過ぎ、マチュピチュ村のホテルにチェックイン。
残念ながらCOSIの部屋は、シャワーがほとんどお湯にならなかった。
部屋によっては順調に出たらしい。
e0047488_17162656.jpg

午前6時前、起床。
昨日は真っ暗で見えなかった村の風景。
ホテルは超駅前で、プラットホームにホテルの入口がある。
e0047488_7591745.jpg

ホーム側の部屋からは気づかなかったが、
ホテルの裏はけっこう激しい渓流。
裏側の部屋の人は、川の音を聞きながら寝たそうだ。
e0047488_7592988.jpg

7時50分、ホテルを出発し、遺跡行きのシャトルバスに乗車。
料金は往復24米ドルで、マチュピチュはまさにペルーのドル箱だ。

つづら折りの道を30分ほどひたすら登るのだが、
これだけの観光地なのに道は未舗装。
カーブ部分だけ安全上の理由か、石畳になっていた。

よく「いろは坂」に例えられるが、
直線部分が長いので酔う心配はない。

マチュピチュの入場料は128ソル(約4300円)と、
なぜかここだけソル建て。
グズグズの天気も雨季なので想定内。
マチュピチュの第一印象は
あれ、間違って中国の桂林に来ちゃった?
e0047488_611017.jpg

入場後は10分ほどひたすら上を目指す。
標高2400メートルと、クスコよりだいぶ楽なのだが
それでも登り道は息があがる。
シニア層にはけっこうキツいかも。
e0047488_6111131.jpg

登りきった先は、ガイドブックでお馴染みのあの撮影ポイント!
・・・・なのだが、ごらんのとおり真っ白け。
どうなる、マチュピチュ。
e0047488_8201759.jpg

[PR]
# by reliez | 2016-01-04 21:30 | 南米チャレ休への道(2016)