COSILOG(こじろぐ)

ブログトップ

2017/8/19(3) オペラ劇場もやっぱり金色

丘を降りて、今度は地下鉄1号線に乗車。
階段を下りた木の扉の先が、もうプラットホームだ。
地下鉄なのに、窓から日の光がたっぷり入る。
e0047488_06041568.jpg
開業は1896年で、ヨーロッパで2番めに古い。
木材やタイルを使ったホームは、レトロ感たっぷり。
e0047488_05505904.jpg
車両も幅が狭め。つり革が本当に革だ。
e0047488_06120322.jpg
Opera駅で下車。
15時にオペラ劇場のガイドツアーを予約してるのだ。
e0047488_05413184.jpg
e0047488_05414203.jpg
日本からの参加者は十数名ほど。
ほかの人と話がかみ合わないと思ったら、
集合場所で一番に待ってたので、全員からガイドと思われてた。
e0047488_05415259.jpg
日の丸を持ってるのが、
日本に留学経験のある本物のガイドさん。
この旅で日本語ツアーがあるのはここだけだ。
e0047488_05565079.jpg
豪華なカフェからツアースタート。
こんなとこで幕間にシャンパンとか飲んでみたいわ。
e0047488_06120367.jpg
内部はどこもかしこも豪華絢爛。
やっぱりここでもゴールドが基調。
e0047488_07303353.jpg
e0047488_07304864.jpg
e0047488_07311044.jpg
e0047488_07313429.jpg
メインイベントの舞台。
これは2階中央の皇族専用ボックスからの眺め。
e0047488_08580827.jpg
舞台真横の赤い柱の間が、皇妃エリザベートの指定席。
観客に自分の姿を見せるためというのは有名な話。
e0047488_09032500.jpg
通常のボックス席の内部。
皇族専用ボックスは超混みで写真が撮れなかった・・
e0047488_09141053.jpg
天井画とシャンデリアもすごい。
e0047488_09311877.jpg
オフシーズンなので、ステージも見学できる。
びっくりするほど奥行きがある。
e0047488_09362955.jpg
いやはや、圧倒されっぱなしでした。
次回はオペラシーズンに来たいなぁ。
e0047488_09403761.jpg

# by reliez | 2017-08-19 15:00 | チェコ・ハンガリー(2017)

2017/8/19(2) ゲッレールトの丘を登る

丘を登りはじめると、眼下に自由橋が見えた。
対岸の右奥に白いショッピングモールも見える。
e0047488_06074795.jpg
丘はなかなかの急斜面、そしてなにより暑い!!174.png
おそらく35℃くらいある。
これじゃ日本にいるのと変わらないよ~
e0047488_06080620.jpg
汗だくになりながら20分ほどで、頂上に到着。
昨日、船から見えた彫像だ。
e0047488_06102256.jpg
待ち受けるワゴン車が、オアシスにしか見えない。
みんなカラカラになってたどり着くので、
高くても買ってしまう。
e0047488_06093788.jpg
ペスト側が一望できる。
夜景がきれいだろうけど、夜来るのは難易度高そう。
e0047488_06052201.jpg
遠くのほうに、画一的な集合住宅も見える。
共産時代のものだろうか。
e0047488_06085693.jpg
上流はこの先で左(東)に曲がり、ウィーンまでつながっている。
直角にカクッと曲がるので、ドナウベンドと呼ばれてる。
e0047488_06120657.jpg
国会議事堂。
e0047488_08133279.jpg
南には大平原が広がっている。
いつかブダペスト以外も行ってみたいな。
e0047488_08171496.jpg
ふもとの温泉に戻ると、無料の飲泉場があった。
さぁ、午後も忙しいぞ。
e0047488_09231970.jpg

# by reliez | 2017-08-19 11:51 | チェコ・ハンガリー(2017)

2017/8/19(1) 大聖堂もやっぱり金色

明けて翌日、聖イシュトバーン大聖堂からスタート。
約50年をかけて1905年に完成。
e0047488_10361684.jpg
入場料は80円(寄付金)。
内部はやっぱりゴールドカラー。
e0047488_10375529.jpg
国会議事堂に引けを取らない豪華な装飾がてんこもり。
これで80円は安すぎるだろ。
e0047488_10531930.jpg
e0047488_10533686.jpg
e0047488_10535830.jpg
祭壇には、ハンガリー伝統のカロチャ刺繍。
e0047488_10552346.jpg
中央の巨大ドーム。
e0047488_10563111.jpg
ドーム下の主祭壇には、キリストではなく
初代国王の聖イシュトヴァーンがいる。
e0047488_11065165.jpg
聖イシュトヴァーンの右手のミイラ。
ライトアップが有料なので、誰がコインを入れるか
ケースの前で観光客どうしの我慢大会が始まる。
e0047488_11070523.jpg
今日は実質的な最終日なので、予定がてんこもり。
24時間交通パスを使って、がんがん行くぞ。
e0047488_11241191.jpg
地下鉄を乗り継いで、ゲッレールト駅へ。
新しい駅は、ホームのデザインも凝っている。
e0047488_11244992.jpg
e0047488_11245662.jpg
地上へ出ると、昨日船から見たゲッレールト温泉があった。
ここからゲッレールトの丘へ登るぞ。
e0047488_11251670.jpg

# by reliez | 2017-08-19 09:50 | チェコ・ハンガリー(2017)

2017/8/18(5) ザ・ドナウの真珠

川を北上して、ふたたび自由橋をくぐる。
橋の上には、ハンガリーの紋章と王冠が。
e0047488_06104198.jpg
e0047488_06105786.jpg
ハプスブルクのエリザベートの名を冠したエルジェーベト橋。
自由橋も元はフランツ・ヨージェフ(エリザベートの夫)橋だったが、
そちらは定着せずに消滅 105.png
e0047488_05432193.jpg
川沿いに一流ホテルが並ぶ。
お金があったらこういう所に泊まって、
窓から夜景を楽しむんだろうな、くーっ。
e0047488_06091408.jpg
くさり橋をくぐる。やはり格別の美しさ。
e0047488_06164027.jpg
クルーズのハイライト、国会議事堂。
もうため息しかでない。まさにドナウの真珠。
e0047488_05534135.jpg
e0047488_05535513.jpg
マルギット橋でUターンして、ふたたび南下。
e0047488_05594345.jpg
今度は右手に、昼間行った
マーチャーシュ教会と漁夫の砦。
e0047488_06020320.jpg
13世紀にこの場所に造られた王宮。
今の建物は戦後のもので、美術館や博物館に使われている。
e0047488_06054030.jpg
ゲッレールトの丘の上で、巨大な像が輝いている。
e0047488_06104373.jpg
これにてクルーズ終了。
となりの船はディナークルーズだったようだ。いいな~。
e0047488_06144127.jpg
1階席はこんな感じで、2階のほうが断然いい。
e0047488_06171604.jpg
帰り道、伊能忠敬以前のクオリティの日本地図を発見。
小田原駅前の「おしゃれ横丁商店街」と何か関係があるらしい。
ピンポイントすぎるだろ。
e0047488_06264459.jpg

# by reliez | 2017-08-18 21:59 | チェコ・ハンガリー(2017)

2017/8/18(4) ドナウ川でクルーズ

次の予定があるので、駆け足でペスト側に戻る。
時間がないので、聖イシュトヴァーン大聖堂は明日にしよう。
e0047488_09382412.jpg
てっとり早く夕飯をすませようと、昨日の隣の
レストランに入ったら、これが大失敗。
料理が出てくるまで1時間かかった。
なぜだ、なぜなんだ。
e0047488_09442986.jpg
9時半のクルーズを予約してたので、ダッシュで船着き場へ。
いろんな会社の乗り場があって、ちょっと迷う。
e0047488_05462967.jpg
予約したLEGENDA社の乗り場。
待合室にはスペインやフランスからの観光客はいたが、
アジア系は日本人も含めてほぼゼロ。
e0047488_10213734.jpg
乗船口近くで待っていたら、屋上に座れた。ラッキー 169.png
ヘッドホンガイドは日本語も選べる。
e0047488_10273371.jpg
ドナウ川を南下してクルーズ開始。
自由橋のたもとにあるのは、ゲッレールト温泉。
川沿いのほかの建物もライトアップしている。
e0047488_06025998.jpg
新市街には青いライトアップもある。
赤い柱が印象的なベトゥーフィ橋でUターン。
e0047488_06072321.jpg
未来的なフォルムのショッピングセンターもライトアップ。
くさり橋に向けて、クルーズもいよいよ佳境へ。
e0047488_06132518.jpg


# by reliez | 2017-08-18 17:42 | チェコ・ハンガリー(2017)